バンドマンの為の国語辞典(う)2017年05月22日 23時59分

ういういしい【初々しい】
バンド専属の歌手が、入った当初だけに見せた一瞬のきらめき。

うおうさおう【右往左往】
「え?今日ベース休み?、聞いとらんぞ!今日は歌謡ショウだから、すぐ、タイバンの ベースに頼んで・・・なに、休みで、ギターが代りに弾いてる?じゃいいや、そいつで。 はぁ、楽譜全然読めん?・・あ、この間遊びに来たアマチュアのベース、あいつの連絡先、 誰か知らん?え、実家に帰ってる?、どこ?、沖縄?、間に合うかバカ!・・・あ、3番のボントロ、昔ベース弾いてたって言ってたな・・え、左利き? じゃ、急いで弦を張り替えろ・・・・ああ、面倒くせ~」「おはよう ごさいま~す」「アレ、お前、今日休みじゃないの!?」「え?休むの、タイバンのベース ですよ・・あ、俺のベース触ってる!みんな、なに右往左往してんの???」

うおごころあればみずごころ【魚心あれば水心】
「店が終わったら寿司喰いに行こうか」「わーうれしい」、という場面で渦巻いている、客とホステスの欲望ゲーム。

うきあしだつ【浮き足立つ】
リハーサルでビッグタレントにひと文句言われたバンドマンの様子。

うきくさかぎょう【浮き草稼業】
「あんた、このキャバレーの前どこにいたの?」「えーっと、どこだっけ?なんせ、この店で15店目なんで」

うごめく【蠢く】
メジャーなバンドマンから見たマイナーなバンドマンの様子。

うさんくさい【胡散臭い】
「雇ってもらえさえすれば、リョーキューはスイヤーでいいです」、と言うようなバンドマン。

うしろめたい【後ろめたい】
ステージで吹きまねをしている新米バンドマンのような、気恥ずかしい感情。口パクが当たり前になった現芸能界では死語。

うそはっぴゃく【嘘八百】
昔、人間が生涯でつくと言われた嘘の数。現代社会で生きていくにはこれではとても足りない。

うぬぼれ【自惚れ】
実力がないのに自分は上手いと思うこと。実力がなくても楽器が続けられるバンドマンにとってありがたい感性。

うやむや【有耶無耶】
はっきりさせないこと。日和見(ひよりみ)バンドマンにとって大切な生活信条。音楽用語では「フェイドアウト」。

うろこ【鱗】
人間の目に付いている小片。納得のいく説明を聞くとポロポロ落ちる性質を持つ。

******************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

日時・・・6月3日(土) 20時30分~Swing21開店4周年記念ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

日時・・・6月7日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589

日時・・・6月18日(日) 12時30分 ~酒造りの会田植えイベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独) 会費¥3000
場所・・・みやこ町犀川崎山 田植えイベント食事会会場

日時・・・6月30日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************

バンドマンの為の国語辞典(い)2017年05月18日 21時50分

い【胃】
誹謗中傷と酒まみれのバンド社会で生きていくうえで最も丈夫でないといけない臓器。次は肝臓、「肺」と思っているうちはまだまだアマチュア。

いいかげん【いい加減】
バンドマンとしてやっていくために一番必要とされる心構え。ただし、「いいかげん」→「いいわけ」→「いやみ」→「いなくてもいい」→「いなおり」の順に堕落していくバンドマンが多い。

いいたいほうだい【言いたい放題】
次に行くバンドが決まったバンドマンがバンマスに向かって開放的な言葉の数々を言い放つこと。

いかんそくたい【衣冠束帯】
貴族や官僚の正装。バンドマンの場合は黒黒蝶(クロクロチョウ=タキシードに蝶ネクタイ)。

いきあたりばったり【行き当たりばったり】
1)一般的には、行動に計画性がなく怠惰的なこと
2)バンド社会では、行動に計画性がなく自由奔放なこと。

いきじごく【生き地獄】
リョーキューがスイヤー(給料が安い)なのにパリヒ(引っ張り=引き抜き)のあてもなく、日々悶々と演奏しているバンドマンの生活。

いきぬき【息抜き】
忙しい合間にほっとする時間を作ること、またその時間。ドラマーが自分の一物をスネアドラムにのせてロールを叩き恍惚となる、ようなこと。

いくじなし【意気地なし】
客の無理強いに対してノーと言えない店のマネージャー、店のマネージャーの無理強いに対してノーと言えないバンマス、バンマスの無理強いに対してノーと言えないバンドマン、のような人のこと。

いしはくじゃく【意志薄弱】
長く続けた喫煙や飲酒を健康のために止めてしまうこと。

いちかばちか【一か八か】
ビッグスターのステージをリハ無し本番で迎えるバンマスの心境のようなもの。「ヤケクソ」に同じ。

いちひめにたろう【一姫二太郎】
1)最初の子供は女、二番目は男だと育てやすいという言い習わし。
2)1対2の変態プレー。

いっかくせんきん【一攫千金】
バンドマンが常日頃思っている「宝クジ当ったら、こんなバンド辞めてやる!」の元となる事柄。

いのなかのかわず【井の中の蛙】
1)狭い社会にばかりいて広い世界を知らないことのたとえ。「ハコ(専属の店)の中のバンドマン」に同じ。
2)人間ポンプ(胃に物を自由に出し入れできる芸人)の胃の中にいる蛙。

イモ【芋】
バンドマンにとっては屈辱的な評価。芋にとってはハタ迷惑な評価。

インパクト【impact】
バンド用語の「パクイン」の元の言葉。相手を惑わす大げさな言動のこと。「タリハツ」(=はったり)に同じ。

******************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

日時・・・6月3日(土) 20時30分~Swing21開店4周年記念ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

日時・・・6月7日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589

日時・・・6月18日(日) 12時30分 ~酒造りの会田植えイベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独) 会費¥3000
場所・・・みやこ町犀川崎山 田植えイベント食事会会場

日時・・・6月30日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************

バンドマンの為の国語辞典(あ)2017年05月15日 23時59分

あいきょう【愛嬌】
にこやかさやひょうきんさで相手に良い印象を与える振る舞い。バンドマンに一番欠けている資質。

あいさつ【挨拶】
敵意がないことを示すための開口一番の言葉。バンドマンの挨拶は時間帯や初対面か否かにかかわらず 「おはようございます」を用いる。「こんにちは」、「こんばんは」と言おうとすると 口がつる。

あおいきといき【青息吐息】
ネカビ(給料日)前にバンドマンが吐く青い色をした息。

あおすじ【青筋】
技量以上のものを表現しようとして演奏する際に額に現れる血管の筋。不健康かつパフォーマンスとしての効果も薄い。

あおにさい【青二才】
実力のある若いプレーヤーに対し老フレーヤーがやっかみを込めて呼ぶ際の呼称。

あかぬけている【垢抜けている】
1)スマートで洗練されていること。
2)エキサイトしない演奏を無理に誉める場合に使う言葉。

あきらめる【諦める】
バンドマンがこれからの人生を決める際に一番重要になる意志決定。

あくぎょうざんまい【悪行三昧】
悪代官と金持ちのバンドマンが行っている行為。

あくせん【悪銭】
たとえ身に付かなくてもバンドマンが一番欲しがるお金。泡銭(あぶくぜに)に同じ。

あせみず【汗水】
労働をすると体の表面から発散される体液。多くのバンドマンが嫌う傾向にある。

あたりはずれ【当たり外れ】
良いか悪いかその場にならないと分からない楽器の品質やバンドマンの品質のこと。

あばたもえくぼ【痘痕も笑窪】
キャバレー専属の歌手に多く見られる身体的特徴。バンドマンとデキる要素のひとつ。「カン違い」ともいう。

あびきょうかん【阿鼻叫喚】
勧進帳の譜面(数ページもありテンポやキーが変わる楽譜)のショーを演奏するステージで見られるバンドマンの絶望的な様子。

あらけずり【粗削り】
未熟な人をけなす際に傷つけないで褒めたように表現する言葉。「君のプレイ、いいねえ、粗削りだけど・・・」

ギターのその後2017年05月11日 23時59分

藤を見に行って買ってきたギター、2000円なので買ったときには確かめもしなかったが、本体にキズも無く、調弦してみると音程のズレも無い、音色もそこそこ。

では、と思ったとき、忌まわしき思い出が。実は左利き。教則本が使いづらいし、コード表を見ても逆さま。で、あれこれするうちに、行き詰ってしまったんだった。

でも、ものは試しとネツトで捜してみると、あちこちにレフティ=左利き用、のギターのサイトがある。な~んだ、と思ったとたん、なんとなく熱が冷めてきた。

学生のころは、右用のギターを左で構えて弾いたり、弦を反対に張り替えたり、あれこれ試行錯誤した。行き詰ったけど、それが楽しかった、のかもしれない。

そこで本日のことわざ、

【覚える者は和音も掴む】
必死で覚えようとすれば、ギターの和音も弾けるようになる

【隙こそ音の上手なれ】
隙や不得手なことがあるほうが音楽が上手になる

【弦は急げ】
弦楽器を習得しようとする者は急いだほうがよい・・・特に年寄りは

【敵は本の文字にあり】
本の文字だけ読んで上手くなった気になることが習得の敵だ、音楽を志すなら実践練習を重んじよ

バンドマン用語テスト【模範解答例】2017年05月08日 23時59分

バンドマン用語テスト
【模範解答例】
今日は4時からゲージュー(50歳)ぐらいの×塩化(演歌)歌手のリハ(リハーサル)。×G間(ジーカン=感じ)ルイワー(悪い)の×多雨(ターウ=歌)の×蛇真似(ジャーマネ=マネージャー)がいろいろ注文をつけるので、ちょっとイラッときた。
「×鈍場(ドンバ=バンド)さん、よろしくお願いします。
まず、最初の曲はトオリ(譜面通り)です、ツーコーラス目は×淫すと(インスト=楽器演奏)になってます。2曲目の前にカンバン(看板=歌手)の×笑む詩は要ります(MC入ります)。
2曲目は途中から×賛同絵に店長(三度上に転調)してます。サビはサックスソリです、×欲は盛る(よくハモる)ようにお願いします。
3曲目は×六区町(ロック調)、なのでキメは×悪銭と(アクセント)、で。
4曲目はスロー、ケツ(最後)の部分の×反らし度(ソラシド)は×利たる団度(リタルダンド)で。
5曲目、イントロの×度味噌(ドミソ)の和音は×近刊し縦走(金管四重奏)みたいな×分岐(ブンキ=気分)で。アドリブの後は×ドア魂(ど頭=一番初め部分)に戻ってください。
最後の曲は、×騒乱武士(ソーラン節)を×産婆(サンバ)のリズムにしてあります、×太古(タイコ=ドラム)さんよろしく。×怨霊(音量)を大き目で、音楽は×他の子音だ(楽しいんだ)、みたいに。以上です、よろしくお願いしま~す」
と、こんな具合だった。リハはイヤだがシーメー(飯=食事)が出たので、まあいいとしよう。

注)今どきこんな問題を解けたからといってなんのメリットもありません・・・。

************************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************

バンドマン用語テスト2017年05月04日 23時59分

<バンドマン用語テスト>

次の文章はキャバレーバンドマンの日記の抜粋です。パソコンの誤変換部分及びバンドマン用語を正しい表現に直しかつその意味を述べなさい。

<問題>
今日は4時からゲージューぐらいの塩化歌手のリハ。G間ルイワーの多雨の蛇真似がいろいろ注文をつけるので、ちょっとイラッときた。
「鈍場さん、よろしくお願いします。
まず、最初の曲はトオリです、ツーコーラス目は淫すとになってます。2曲目の前にカンバンの笑む詩は要ります。
2曲目は途中から賛同絵に店長してます。サビはサックスソリです、欲は盛るようにお願いします。
3曲目は六区町、なのでキメは悪銭と、で。
4曲目はスロー、ケツの部分の反らし度は利たる団度で。
5曲目、イントロの度味噌の和音は近刊し縦走みたいな分岐で。アドリブの後はドア魂に戻ってください。
最後の曲は、騒乱武士を産婆のリズムにしてあります、太古さんよろしく。怨霊を大き目で、音楽は他の子音だ、みたいに。以上です、よろしくお願いしま~す」
と、こんな具合だった。リハはイヤだがシーメーが出たので、まあいいとしよう。

(模範解答例は次回で)

************************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************

熊さん、退屈しのぎにクイズを出す2017年05月01日 20時59分

熊:大家さん、いるかい。
大:おや、熊さんかい、どうしたい。
熊:なに、連休に何もすることがねえから、退屈しのぎにクイズ大会でもやろうかと思って。
大:二人で「大会」もないもんだが、どんなクイズだ。
熊:ジャズの曲名当てクイズってんだ、いくぜ。
問題1.ニトリの店員が布団を薦めるときに流す曲のタイトルは?
大:なんだそりゃ、それが問題か?・・・いや、わかんないな。
熊:なんだ、だらしがねえな。答えは、「寝具、寝具、寝具(シング・シング・シング)」だ。
大:なんだい、ダジャレかい。わかった、わかった。
熊:じゃ、次だ。
問題2.ケンタッキーフライドチキンでチキンナゲットを売るときに流す曲は?
大:チキンナゲット?ナゲットは骨なし・・・骨がないってことは、「オール・オブ・身(ミー)」、てんじゃないか。
熊:ハハハ、当った。じゃ次だ。
問題3.キャンプ場で薪で火をおこしている人が聴いている曲は?
大:そりゃあ簡単だ、「煙が目にしみる」、だろ。
熊:ちぇ、易し過ぎたか。次は、
問題4.くれよんしんちゃんの絵のパンツをはいてる子が聴いている曲は?
大:くれよんしんちゃん?クレヨン、クレ、ヨン・・・わからないな。
熊:ははは、キャラクターのパンツだから「キャラパン(キャラバン)だ」
大:問題の質が落ちてきたな。はい、次。
熊:大家さんノッてきたね、じゃ次だ。
問題5.毎日シャケの切り身と豚バラをつまみに飲んでる人が聴く曲は?
大:そりゃ簡単だ、「鮭(酒)とバラの日々」だろ。
熊:こいつぁ簡単過ぎたな、次は、
問題6.博多華丸大吉が、通知表で欠点を取ったという話をしているときに流れている曲は?
大:欠点というと、落第点・・・ん~わかんねえな。
熊:残念でした~、見てんしゃい、「Dぇばい、Dぇ(デイ・バイ・デイ)」
大:おやおや。
熊:じゃ、次だ。同じく、
問題7.博多華丸大吉が、色の鮮やかさが大事だという話をしているときに流れている曲は?
大:また華丸大吉か、色の鮮やかさは彩度・・・「彩度ばい、彩度(サイド・バイ・サイド」だろ。
熊:バレたか。次は、
問題8.千原ジュニアの兄がブログをアップしているときの曲は?
大:千原ジュニアの兄って、せいじだな、それが更新・・・「せいじの更新(聖者の行進)だな」
熊:えーっと、次は、
大:おい、まだやるのか。それじゃあ、「五月晴れのロンドン」だ。
熊:なんだい、そりゃ?
大:「霧(キリ)がない」

************************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************
<活動終了>
日時・・・4月28日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
プレミアム・フライデーとかで、お出かけ先も多い中、たくさんのお客様がご来店、BBUの演奏をめいっぱい楽しんで頂きました。

日時・・・4月21日(金) 18時~ワインパーティライブ(一般客対象)
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(クインテット)会費 \3000
場所・・・器ギャラリーさん手 (北九州市小倉南区湯川1-10-11)

日時・・・4月22日(土) 16時~ワインパーティライブ(常連客対象)
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(クインテット)会費 \3000
場所・・・器ギャラリーさん手 北九州市(小倉南区湯川1-10-11)
両日とも好天に恵まれ、ワイン片手に親しみやすいジャズやボップスなどを楽しんでいただきました。

日時・・・4月16日(日) 12時ごろから15分 武蔵小次郎祭イベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独)
場所・・・手向山公園 (北九州市小倉北区赤坂4)
好天に恵まれ、式典や剣道の模範試合のあと、3部構成の演芸のうち2部を担当させてもらい、大勢の方に演奏を楽しんでいただきました。

日時・・・4月5日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ 問合
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589
急遽決まったライブ日程にもかかわらず熱心なお客様がご来店、ダンスまで踊って頂きました、ありがとうございました。

日時・・・3月18日(土) 20時ごろ~2バンド合同ライブ
バンド・・淵上バンド+アベベオールスターズ  チャージ 問合せ
場所・・・小倉北区紺屋町「ビッグバンド」
2つのバンドの個性のエキサイティングなぶつかり合いを楽しんで頂きました。

日時・・・3月12日(日) 12時30分 ~酒造りの会演奏
バンド・・BBU (バックビートアップ)  会費¥3500
場所・・・みやこ町犀川崎山 農事研修センター
おいしい食事と酒、楽しいバンド演奏で、初春の一日を過ごしていただきました。

日時・・・3月4日(土) 19時ごろ~
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ 問合せ
場所・・・ドラム館(遠賀郡・遠賀川駅前)
初めてのお客様にもBBUのノリノリの演奏を楽しんでいただきました。

日時・・・1月21日(土) 18時~小倉南校区新年懇親会
バンド・・J1梶原とキャバレーサウンドメーカーズ(単独)
場所・・・小倉南区片野・ベルクラシック小倉
大広間に200名近い方々が集まっての新年会で演奏しました。おかげ様でノリノリで楽しんで頂きました!

日時・・・1月8日(日) 12時ごろ~西野病院新年ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  
場所・・・西野病院老健 (八幡東区西野病院内)
施設ご利用者の方と職員の方の、2回のステージを楽しんでいただきました。最後には踊りだす人もいて賑やかな初ライブとなりました。

************************************************

久しぶりの衝動買い・・・2017年04月27日 21時45分

市内にある藤の名所に行ってみた。

藤の花の色と香を楽しんだあとの帰り道に、小さなリサイクルショップがあるのが目についた。時間もあるし、冷やかしでフラリと入ってみた。

なんか楽器でもあれば、と店内を見渡したら、奥の棚に5000円のギターがあるのが目に入った。と、その横には白いギター、値段は「2500円」。

ここで、モノの良し悪しよりまず値段、という悪いクセが出てしまった。2500円なら、いやもう少し安いなら、という安易な考えが頭をめぐる。

「これ、2000円になりません?」、「・・・消費税込み2300円、なら」、「でも、弦がダメだし」、「いえ、え?でも!いや・・・じゃあ、・・・2000円で」。

『やっぱり値切ってみるもんだ、うんうん』、という帰り道、ふと気付いた、『あれ、今日は藤見物だったのに、なんで白いギターを抱えて歩いているんだ?』

バンドマン風「ケイタイオオギリ」2017年04月24日 23時59分

長らく続いていた某局の「ケイタイオオギリ」なる番組が終了した。ということで、それを記念してバンドマン大喜利を。
お題は【このライブハウス、感じ悪いな~】、どうして?

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼入り口で「君に分かるかな~」と言われる

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼メンバーが、「お客様の中に少しでもピアノが弾ける方はいらっしゃいませんか!?」と叫んでいる

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼壁の有名プレーヤーの色紙の筆跡がみんな同じ

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼食事メニューが「セレブ様用」と「一般庶民用」と二通りある

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼入り口で「ラッシャアセー、ラッシャイアセー」と、チンドン屋の格好で呼び込みしている

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼四隅の壁に「閑古鳥」と書かれた鳥の絵が貼ってある

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼床のすみにチョークで人の形が書いてある

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼流れている映像がマスターの結婚式のDVD

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼演奏中に退屈そうな顔をすると、アドリブの中に「蛍の光」のフレーズが混じる

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼ステージに「紙幣以外はお断り」と書いた楽器ケースが置いてある

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼壁のチャーリー・パーカーの写真に「じゃあ~りませんか」と落書きしてある

<このライブハウス、感じ悪いな~、どうして?>
▼メニューが、ケーサ、ルービー、シーメ、ゲーヒャク、ツェーセンなど、全てバンドマン用語で書いてある

こんなエッセイも、番組の終了とともに、これが最後・・・

進化なのか、退化なのか・・・2017年04月20日 23時59分

先日あるライブハウスから話があった。演奏の依頼・・・というか、客が来た日にライブが入っていないとガッカリして帰ってしまう、なので、とにかく隙間なくバンドを入れておきたいのでどうですか、とのこと。

「お客様を呼べないですけど・・・」、「いや、かまいません、とにかくバンドが入っていることが大事、たまたま来た客が常連になることもあるので」、「それでいいなら、お願いします」、と話がまとまってきた。

ジャズを楽しむ年代が高齢化して、若い人のジャズ離れによるジャズの衰退が深刻化している、と感じるバンドマンは多い。しかし、どうしたら若い人を引き付けられるのか、それが大きな課題になっている。

それにしても、最近の若者の、自動車離れ、大衆娯楽離れ、酒離れ、さらには結婚願望離れなどには、もっと根本的な(人類の進化や退化にかかわる)問題があるのでは、と思ってしまうのは、大昔の若者の深読みのし過ぎ?・・・