バンドマン風「稽古屋」2017年04月17日 23時59分

熊:大家さん、いるかい。ちょっと相談があるんだが。
大、ほう、どんな相談だ。
熊:楽器をやったら彼女ができるって思って始めたのに、さっぱりなんだが。
大:おやおや、何かと思ったら、そんなことか。
熊:そんなこととはなんだ、じゃ、責任を持って彼女を紹介してもらおうか、おう。
大:おう、ってやつがあるか。楽器さえやったらカッコいい、ってもんじゃないぞ。
熊:ほかにもなんか要るのかい。
大:昔から言うな、「イチミエ、ニオトコ、サンカネ、シゲイ、ゴセイ、ロクオボコ、 シチゼリフ、ヤヂカラ、キュウキモ、トヒョウバン」とな。
熊:なんだそりゃ?なんかの怨みを晴らす呪文かい。
大:そうじゃない、この十のうち一つでもあれば、女性にもてるってことだ。
熊:もてる呪文かいへー、どんなんです?
大:まず、イチミエというのは、一番目は見栄、格好ということだ。熊さんの格好・・・は、ずい分腹が出てるな。
熊:腹式呼吸でやせないよう、以前より倍は食うようにしてる。
大:腹式呼吸でやせるほど練習してねえだろ。その腹じゃダメだな。
熊:じゃ二番目はなんです。
大:ニオトコ、つまり男前、だな。
熊:俺はどうかね。
大:どうかねって、顔を近づけるんじゃない。一般人なら気絶するぞ。ま、生まれ直すしかないな。
大:大きなお世話だ。じゃ、三番目は。
大:サンカネ、お金だ。熊さん、金は?
熊:バカにすんな、金なら無い!
大:早いな。四番目はシゲイ、つまり芸事だ。熊さん、かくし芸みたいなのはないかい。
熊:それなら大有りだ、「紫川のホタル踊り」は、バンドの宴会でも大評判だ。
大:ほう、いいタイトルだな。どんなんだ。
熊:裸になって体中に墨汁を塗る。それから頭に赤いタオルを巻いて、尻 に100円ショップの点滅電球をはさんで、宴会場を走り回るんだ。
大:なんだい、そりゃ。
熊:だから、体が黒い、頭が赤い、尻でライトが点滅して、ホタルみたいだろ。『紫川のホタル踊りの、始まり始まり~』ってんで、バンド仲間で大 評判。
大:おいおい、そんなことしてたら、彼女がいても逃げていくぞ。
熊:そうかい、自信があったんだがな。じゃ五番目は。
大:ゴセイ、精を出して働くと、彼女が惚れる。
熊:働く?年金もらってんのに働くなんざ、アホらしい。
大:え、熊さんはまだ年金を貰う歳じゃねえだろ。
熊:俺はもらわねえが、おふくろが貰ってるから、そのウワマエをはねる。
大:とんでもねえ奴だ。そんなんじゃダメだ。
熊:じゃ、次は。
大:ロクオボコ、六番目は純情、シチゼリフ、七番目は台詞まわし、ヤジカラ、八番目は力、どれもムリ だな。
熊:確かに。とうとうあと二つか、九番目はなんです。
大:キュウキモといって、肝、つまり度胸があると、もてる。
熊:肝なら任せとけ。このあいだのライブでもソロをたった一人で堂々と吹いた。
大:一人でやるからソロだ、で、どこでやったんだ。
熊:幼稚園。
大:幼稚園で堂々、ってのがあるか。
熊:それが、こないだまであがってた。
大:そんな肝っ玉じゃダメだ。
熊:そうかい、そうとう頑張ったんだが。とうとうラストの十番目は。
大:トヒョウバン、つまり評判がいいともてる。そういや、 先日の他のバンドとの交流演奏会で熊さん、他のバンドのいい楽器と自分の楽器と入れ替えて持って帰ったってえ話を聞いたが、そんなことしてねえな。
熊:入れ替えた?俺がそんなこと、するわけがねえ!。
大:そうだろうな。
熊:俺はね、カラッポのケースを持って行って、それにいい楽器を詰めて持って帰るんだ。それを「入れ替える」とは人聞きの悪い!
大:バカ野郎、すぐ戻してきな。それより、もてたかったらもっと稽古をしろ。一に稽古、ニに稽古、三四がなくて、五に稽古だ。
熊:へえへえ、じゃあな。
それから一ヶ月後・・・
熊:大家さん、いるかい。
大:熊さんか、久しぶりだな。おや、お連れさんがいるようだが、ひょっとして彼女かい。
熊:ああ、このあいだの大家さんの助言のおかげで、彼女ができた。
大:わたしの助言・・・っていうと?
熊:彼女の名前、「ケイコ」ってんだ。

目新しい何か、と言ってもなぁ2017年04月03日 15時15分

4月に入ってやる気が出たか?

4月に入った。新年度とかで、テレビ番組も入れ替えが激しい。せっかくのいい番組が終って、新しい番組が始まる。人心一新もいいが、張り切りすぎたコメントや、慣れない様子にちとイラっとくる。

プロ野球も始まった。金、土、日曜日はどこかのチャンネルで野球をやっている。野球に興味のない人、特定の球団のファンでない人にとっては、これからしばらくは退屈なゴールデンタイムだろう。

ところで自分は、というと・・・とりあえ少しずつチャリを再開、手始めに20Kmぐらいをじっくり。ユーホニウムは「春の海」に挑戦、暗譜とはまではいかないが。俳句を始めた、一日10句を目標に。

しかし、言えば、どれも目新しくは、ない。「え~、どうしたの!?」ぐらいのインパクトのある何か・・・女装、オタク化、おっかけ、新興宗教、放浪・・・いやいや、どれもこれも、世間で当たり前に流行っているやつだしな~。

楽器を見てみたい、でもなー2017年03月16日 23時59分

楽器店の店長さんから電話・・・

「あ、お久しぶりです。先日トロンボーンが入ったのでごらんになりませんか。一つは、今まで入れてなかった外国メーカーのもの、もう一つは国内有名メーカーのもの、中古ですけど」

この楽器店ではトロンボーン2本、フルューゲルホン、クラリネットを買っている。が、トロンボーンに関しては25年前と、15年前に買ったぎりで、とんとご無沙汰。ちょっと見に行ってみるか。

でもなー、今の経済状況で新しい楽器が買えるわけでもなし、冷やかしになるだけなら止めとくか、でもなー、どんな楽器か見てみたい気はする、でもなー、欲しくなったらどうしよう・・・。

でもなー、酒も、今日は飲まない!と決めたら冷蔵庫にあっても飲まずに過ごすことはできる。なら、楽器でも強固な意志さえあれば、欲求を抑えられるはず、ということで見に行くことに。

さて、結果はどうなりますことやら・・・でもなー・・・

気の持ちよう、と言うけれど・・・2017年03月13日 23時59分

先日は「酒造りの会」での演奏。

車で1時間ほどの田舎にある酒蔵と近くの公民館を使っての会で、酒蔵で見学と新酒の試飲、公民館で猪鍋食事、ゲーム、演奏、という段取り。会の世話役もやっているので、開始時間の1時間前に現場入り。

始めに両会場で案内ポスター貼り、公民館でテープルセット、ゲームの準備、ステージセット、来場者から会費の集金、バンドメンバーと曲目と進行の打ち合わせ。その後到着のお客様に会の趣旨説明、そして食事会。

会半ば、黒ひげゲーム+ピンポン玉キャッチ+お絵描きのタイムレース、というゲームを進行、最後にバンドパフォーマンスの司会と演奏、会場全体が盛り上がったところで会は終了。後片付けをして、自宅に帰って食事と酒。

その翌日、ふと感じた「去年に比べ疲れた~感」。体力の問題か、それとも気力か。何かをがむしゃらにやった後、充実感より強くなってきた疲労感・・・何事も気の持ちよう、とは言うけれど、ひょっとして、これって、老化?(・・・もしくは単なる酒疲れ、か)

ナマの楽しさ、難しさ・・・2017年01月19日 23時59分


久しぶりに落語CDを借りた。

そのレンタル店は10枚1080円の設定なので、棚に並んだいろんな演者の中から、円生、志ん生、小さん、談志、馬生、枝雀、など10枚、全て今は亡き噺家さんばかり。

もはやナマでは聴けない噺家さんたちだが、同じ噺でも、違う録音だと異なった雰囲気があって、少しだけナマの感覚が味わえるので、すでに持っている噺でも、とりあえず借りてみる。

ジャズのアドリブもそうだが、同じ録音しか聴かないと、それが全てと思ってしまいがち。借りた録音が、持っている録音より面白くない場合もあっても、それはそれで違った楽しみ方がある。

ということで、先日ライブの後でお客様が「今度は友達と来る、ナマで聴かないともったいない!」、と言ってくれたけど、(すみません、次回もご期待にそえるがどうかは・・・なんせ、ナマなんで・・・)

モノを減らす、はずだったのに・・・2017年01月12日 23時59分


先日、よく行く古着専門店からハガキが届いた。ハガキのウラを見ると、大きく「全品半額セール!」、とだけ書いてある。別に欲しいものは無いが、「半額」にそそられてホイホイと出掛けた。

店に来てみれば、広い店内の、シャツ、ブレザー、アーミー、ジャケット、などなどの種類別に分けられた服の列毎に、「今付いている値段から全品半額」のチラシがベタベタと。

なかなか半額のシールを貼らない夕方のスーバーのおばちれゃんの横で、腕時計を見ながら時刻が来るのを待つ・・・それに比べて、今目の前にあるのは「全品半額」、んーどうしよう。

で、結局、ステージ用にハデなシャツ、270円を2枚と、540円を1枚、計3枚を購入。金額的には少ない。が、今年こそモノを減らそうと計画していたのに、あーあ、年始早々、これだもんな~。

温、故、知、新・・・2017年01月09日 23時23分


久しぶりにユーホを吹いてみた。

中学ではトロンボーンだったが、高校、大学ではユーホニウムとの掛け持ちだった。その経験を生かそうと、キングの「フリューガボーン」を買って使っている。

「フリューガボーン」というのはキング社の固有名詞で、フリューゲルを一回り大きくした形のB♭楽器、音質はトロンボーンとユーホの中間、といったところか。

ところが先日、ある事情があって、大学のときやった「騎士」という曲の自演の録音を聴いて、「あれ、ユーホでジャズをやる、というのも、アリなんじゃないのでは?」

ということで、昔友人から貰って、陽の目を見ることもなく天袋にずっと眠っていたユーホを引っ張り出して吹いてみた。懐かしい、けど新しい・・・よし、今年はこの線で。

ということで、今年の目標、【 故きを温ねて新しきを知る 】から、

【 古き楽器をたずねて、新しきを知る 】

正月語録いろいろ・・・2017年01月05日 23時59分

正月語録

遊びに来た5歳の女の子の孫が、喉が渇いたというので水をあげると、コップの水を飲み干して、「・・・ん~、ただの、水道の、水!!」

同じく孫、町を歩いていて、「だっこ!」と言うので、「もう5歳でしょ」と言うと、「いいじゃないの~、細かいことは~」

カミさん、台湾に行った人からもらったパイナップル味のお菓子を見て、「アイ ハブ ア ペン、アイ ハブ ア パイナップル!」

年末宝くじが3千円当っていた。こりゃ縁起がいいと、おみくじを引いたら<小吉>。金運を見ると、<チャンスは一度だけ、大切に使え>。『・・・え、今年の金運は、3千円でおしまい?!』

さて、正月も七草、松の内も終わりに近づき、いよいよ2017年の活動を開始せねば。

あれも、これも、手つかずのまま・・・2016年12月22日 23時59分


何かをやろうとするが、体が動かない・・・。

年末もいよいよ押し詰まってあと10日を切ってしまい、やることはいっぱいあるのに、体が動かない。

・来年の手帳作り・・・住所録やデータの書き込みなど
・来年のカレンダー作り・・・孫の写真を使った12ヶ月分
・シーケンサーに新曲・・・来年早々新年会での演奏の準備
・新バンドの譜面揃え・・・来年の4Trombonesの曲
・部屋の整理・・・増えすぎて棚から溢れているモノを捨てる
・教則本の制作・・・今までのレッスンで使った曲や文章の一体化
・体力づくり・・・足腰が弱り始めている

などなど、どれから手をつけたらいいのやら。それに今年中の演奏も残っていて落ち着かない。ただ、屁理屈を言っていても先へは進まないし、とりあえずは地道に一本一本ずつやっていくしかない。

ということで、本日の教訓、「千里の道も一歩から」の変形、

【あわててせんでも地道に一本から】

本日の教訓「人の振り見て・・・」2016年11月21日 23時23分

大学祭のイベントに客演させてもらった。

久しぶりに大学の構内を歩いた。大学祭ということで、あちこちに屋台が並び、路上には今どきの服装やしゃべり方の若い人たちでいっぱい。

その中を、まるで前時代的な風体のオッサンが、トロンボーンケースを下げて歩いている風景は、まるでタイムマシーンで来た江戸人、といったところか。

ただ、「時代と若者の関係は平行移動」、とも言える。昔の自分も、その時代では「今どきの服装やしゃべり方」だったわけで。それは未来でも同じだろう。

演奏終了後、学生バンドの演奏を聴いて、いろんな感想を抱いたが、自分が学生のころも、来ていた江戸人に同じような感想を抱かれたことだろう。

そこで、本日の教訓、「人の振り見て我が振り直せ」から、

『人の吹き見て、我が吹き直せ』