続けているけど・・・2017年06月19日 23時59分

先日の酒の会の田植えイベントには大人50人、子供30人という、大所帯の参加者で、人手がありあまるほど。おずおずと田んぼに入った子供が「キャー!」「冷たい!」「転んだ!」と大騒ぎ。その後食事会。

子供は小学生20人に、幼児10人。これを取り仕切るのが一苦労。まず「駄菓子屋さん」、チケットを一人100円分用意して、それで好きな駄菓子を選ぶ。あと、水鉄砲を使って決闘大会、野球ノックゲームなど。

やりながら、ふと考えた。この会は20年続いているが、始めは子供を相手にしているおじさん、だったのが、今はまるで、孫を相手にしているおじいちゃん状態。そう考えると、急に侘しさ、寂しさの風が・・・・。

時代の変化と共に自分も変わっている。バンド活動も40数年続けているが、自分が変わっていることに気が付いているだろうか、そして、今やるべきことは何なのか、ふと真面目に考えてしまった・・・。

******************************************
<活動予定>

日時・・・6月30日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

日時・・・7月6日(木) 20時30分~テストライブ
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ  チャージ ¥500
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************
<活動報告>
日時・・・6月18日(日) 12時30分 ~酒造りの会田植えイベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独) 会費¥3000
場所・・・みやこ町犀川崎山 田植えイベント食事会会場

日時・・・6月7日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589
梅雨入りの夜にもかかわらずたくさんのお客様がBBUのノリを楽しんでくたさいました。

日時・・・6月3日(土) 20時30分~Swing21開店4周年記念ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
超満員のお客様に精一杯の恩返し演奏をお届けしました!

日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

バンドマンの為の国語辞典(き)2017年06月15日 23時59分

きあいいっぱつ【気合い一発】
物事をなすさいに気持ちを込めて一度限りの決意で集中すること。超ハイトーン、超速いパッセージなどを演奏するさいに有効。但し、それでうまくいったという話は聞かない。

きいろいこえ【黄色い声】
若い女性が応援などのさいに興奮状態で発する甲高く無貞操な声。煙草の煙に満ちたキャバレーやライブハウスには不似合いな声のため、バンドマンが永遠にあこがれる声。

きおくそうしつ【記憶喪失】
記憶を失って過去のことを思い出せないこと。朝帰りのときにする一番間の抜けた言い訳。「あんた、昨晩どこに行ってたのよ!」「そ、それが、 店の帰りに急に記憶喪失になって・・・」

きおくれ【気後れ】
いい女に出会った時に不覚にも起きる弱気な心。

きしょうてんけつ【起承転結】
起=で始まり、承=で展開し、転=で変化し、結=でまとまる、という日本人がブルース形式を好む要因のひとつ。

きたいはずれ【期待外れ】
あらかじめ思い描いた結果より悪いこと。人生に不幸を引き起こす原因のひとつ。初めから思い描かないバンドマンにとっては無縁の言葉。

きどあいらく【喜怒哀楽】
感情の基本的な四つの要素。これだけあればバンドマンには充分。

きどうしゅうせい【軌道修正】
今までの主義・主張を自分の都合で変更することの言い替え。自分だけリョーキュー(給料)が上がった日、「みんなそう言うけど、ジャーマネも 根っから悪い人じゃないと思うよ」

きみがわるい【気味が悪い】
「俺が悪い」というジャーマネのような状態。

きもったま【肝っ玉】
「体内三タマ」のひとつ。三タマとは「アタマ、目のタマ、肝っタマ」で、よく考え、よく見、度胸を据えて、という演奏するさいの重要な要素。

きょういく【教育】
「金貸してくれ?こないだ渡したスーバンは?車買うた!?昨日ネカビやろ?ナオンと飲み行って一晩でパー!?メンバーからも借金しまくり!?あんたの親、どないな教育したん」「親父の教育方針は、”借金出来るのは生きてる間だけやー”」

きようびんぼう【器用貧乏】
いろんな楽器を演奏できるがどれも中途半端、というようなこと。「器用なのに貧乏」ではなく「器用だから貧乏」ということ。

きらりとひかるものがある【キラリと光るものがある】
見込みの無い奏者に向って言うなぐさめの言葉。

きりきりまい【キリキリ舞い】
バンドマンが得意な舞いのひとつ。ほかに、テンテコ舞い、閉店仕舞い、大盤振る舞い、などがある。

きをてらう【奇をてらう】
正道に行き詰ったものが使う邪道の一つ。アドリブに行き詰まった奏者が苦し紛れによく使う。

きんけつびょう【金欠病】
バンドマンに多発する病気。症状は、視覚障害(先が見えない)、聴覚障害(聞く耳持たない)、言語障害( 「ヤバイ!」としか言えない)、感覚障害(何を言われても感じない)などで、未だに治療法が見つかっていない難病。

きんせんかんかくけつじょ【金銭感覚欠如】
バンドマンに多く見られるお金に関しての計算能力障害。特に引き算に顕著で「金は使っても減らない」という妄想にまで進む。

******************************************
<活動予定>
日時・・・6月18日(日) 12時30分 ~酒造りの会田植えイベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独) 会費¥3000
場所・・・みやこ町犀川崎山 田植えイベント食事会会場

日時・・・6月30日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************
<活動報告>
日時・・・6月7日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589
梅雨入りの夜にもかかわらずたくさんのお客様がBBUのノリを楽しんでくたさいました。

日時・・・6月3日(土) 20時30分~Swing21開店4周年記念ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
超満員のお客様に精一杯の恩返し演奏をお届けしました!

日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

バンドマンの為の国語辞典(か)2017年06月12日 23時59分

かいきょ【快挙】
勇気によって生み出された輝かしい行為。妻への初の口答え、次のバンドが決まる前のバンマスへの反抗、など。

かいきん【皆勤】
日本のバンドマンやサラリーマンの持つ悲しい性(さが)の現れ。

かいごろし【飼い殺し】
「あんたがいないとこのバンドやっていけないんだから、ネカアップもうちょっと待って」と言われ続けて10数年、のようなこと。

かいしゃくにん【介錯人】
バンマスの命令でバンドメンバーにクビを告げるジャーマネ(マネージャー)のような人。

かいてんずし【回転寿司】
寿司よりも客の回転をよくするための寿司屋の形態。

かえりうち【返り討ち】
バンドマンがジャーマネに給料アップの交渉に行き、逆に給料を下げられるようなこと。

かくうち【角打ち】
酒屋のカウンターで立ったまま酒を飲むスタイル。ステージの間の休憩時間が短いバンドマンに便利。立ち飲みにより早く酔え、開放感があり、酒もつまみも安いというチョー贅沢な飲み方。

かぜ【風邪】
ズル休みをする時、口実として最もポピュラーに使われる病名。どんな咳真似も、元気の無い声も、奥さんが代りに電話しても、「風邪で休む」というのは「ズル休みする」と言っていると、バンドでは解釈される。

かねのなるき【金のなる木】
日本銀行券がなる木。バンドマンの場合は欲のために苗木のうちに根こそぎ引っこ抜くので金がなるのを見たことがない。

かみだのみ【神頼み】
一時的に有神論者になるバチ当たりな状態。

がり【ガリ】
寿司屋で出てくるサービスの生姜の別称。寿司屋で他人に奢ったとき奢った本人が一番食べる食材。

かろうし【過労死】
バンドマンが勤務中に演奏のし過ぎや酒の飲み過ぎで死亡すること。

かわりもの【変わり者】
現代社会で自分は正常だと思っている人の全て。

かんどうした【感動した】
2001年大相撲夏場所の表彰式で某首相が発言したため一般の人が恥ずかしくて使えなくなってしまった言葉。

かんろく【貫禄】
ヒゲを生やしたり、太って腹が出たりして本来以上に自分を見せようとしているバンドマンの状態。

******************************************
<活動予定>
日時・・・6月18日(日) 12時30分 ~酒造りの会田植えイベント
バンド・・キャバレーサウンドメーカーズ(単独) 会費¥3000
場所・・・みやこ町犀川崎山 田植えイベント食事会会場

日時・・・6月30日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************
<活動報告>
日時・・・6月7日(水) 19時30分~2ヶ月おき定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Jazz inn 六曜館GIG (北九州市門司区栄町3-5)
             TEL:093-332-2589
梅雨入りの夜にもかかわらずたくさんのお客様がBBUのノリを楽しんでくたさいました。

日時・・・6月3日(土) 20時30分~Swing21開店4周年記念ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ お問合せ下さい
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
超満員のお客様に精一杯の恩返し演奏をお届けしました!

日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121

バンドマンの為の国語辞典(お)2017年06月08日 15時15分

おいうち【追い討ち】
逃げて行く者対し、さらに仕掛けられる攻撃。例)妻と離婚、愛人に逃げられ、不況でバンドが解散、サラ金から逃げ回り、追い討ちをかけるように体が糖尿病に。

おうかくまく【横隔膜】
腹式呼吸を行う為の胸の下部にある筋肉。管楽器を演奏する上で重要な筋肉。焼肉屋で言うところのハラミ、サガリ。

おうじょうぎわがわるい【往生際が悪い】
本番直前まで舞台ソデで練習をしているソリストの状態。

おうせいふっこ【王政復古】
連敗中の巨人の監督に王貞治氏が就任するようなこと。

おうせ【逢瀬】
男女が人目を避けて密かに会うこと。逢い引き、 密会、忍び逢い、ランデブーなどと同じく、現代のネット社会においては死語。

おうせん【応戦】
妻の「もっと稼いで来い!」に対して夫が「おう!」と言い返すこと。

おうどう【王道】
元は正攻法、正統派の意味だったが、現在では「楽器の習得に王道なし」のように近道、安易な方法、の意味で使われる。

おおげさ【大袈裟】
グダグダになったパッケージショーの後のバンマスのひと言、「今日のショーの楽譜はアメリカのバンドでも絶対できんよ!」

おおごしょ【大御所】
バンドマンのなれの果ての呼び方。

おげれつ【お下劣】
指のすきまから見る物や状況。

おーけすとら【オーケストラ】
1)多人数の弦、管、打楽器奏者からなる、クラッシックやポップスを演奏する楽団。
2)ジャズのフルバンドやナインピースバンドが貫禄をつけるためにバンドの名前に付ける名称。

おごる【奢る】
無償で他人に食事などを提供すること。「奢る平家は久しからず」を口実に、バンドマンが他人からはやってもらいたいが自分でやるのは絶対イヤ、という 行為。※本来は「驕る」。

おしえる【教える】
せっかく習得した知識を他人に伝えるという、バンドマンがやらない行為。

おたまじゃくし
1)主に汁物を注ぎ分けるための長い柄の付いた食器具。お玉杓子。
2)形が似ていることから蛙の幼生、オタマジャクシ。「♪オタマジャクシは蛙の子、ナマズの孫ではないわいな~」と歌われる通り、魚類ではなく両生類。
3)オタマジャクシに形が似ていることから四分音符、転じて音符全般を指す音楽用語。アドリブの出来ない奏者が「コードでなくてオタマジャクシで書いてください」のように用いる。

おとこ【男】
人類のうちで女でない方。世界を支配する生き物。→女

おとのぼうりょく【音の暴力】
未熟な音楽家が自分が行使していることに自覚がないやっかいな暴力。

おぬし、なかなかやるな【お主、なかなかやるな】
自分の方が上手いと思っている人が発する他人への優越感に満ちた評価の言葉。

おめでた【御めでた】
めでたいこと全般を指す言葉だが、近年では妊娠発覚を指すことが多い。還暦の女性が「私、今度おめでたなんです」と言うと大いなる誤解を生じる恐れがある。

おまえひゃくまでわしゃくじゅくまで【お前百までわしゃ九十九まで】
結婚した時に一つ違いなら未来永劫一つ違いという数学理論。

おんど【音頭】
日本伝統のリズム、転じて弾み過ぎる間違ったスイング感のこと。

おんな【女】
人類のうちで男でない方。「世界を支配する男」を支配する生き物。→男

バンドマンの為の国語辞典(え)2017年05月25日 12時12分

えいがのゆめ【栄華の夢】
「昔はよかった」が口癖の、進歩することを諦めたバンドマンが見ている妄想。

えいきごう【嬰記号】
音を半音上げる記号のシャープ(♯)のこと。B♭系の金管楽器奏者の場合、元調よりも♯が二つ多くなる(元調が一つなら三つ)ので♯恐怖症患者が多い。

えいこせいすい【栄枯盛衰】
昔キャバレーだった場所が駐車場やパチンコ屋になっている状況。

えこひいき【依怙贔屓】
特定の人を他の人より不相応に可愛がること。物事が結果的に自分に有利になるようにする為の、バンマスが得意とする処世術のひとつ。

えさ【餌】
1)夫から見れば運び、妻子から見れば運ばせている、食料のこと。
2)バンマスがばら撒く、バンドマンを集めるための様々な仕掛け。

えそらごと【絵空事】
現実離れした空想のこと。「カワイイ~!」に象徴される全てのもの。

えぬえっちけい【NHK】
「見てない」では通らない機関。

えねるぎー【エネルギー】
動力源。バンドマンの場合それを、 「金」や「物」や「女」とする正統派と、「情熱」や「愛」とする異端派とに分かれる。

えんえん【延々】
いつまでも続くこと。コード進行を見失ったバンドマンのアドリブによく見うけられる。

えんぎ【縁起】
1)吉兆の前触れ、兆し。
2)原因をすりかえる手段。「あの池で二人でボートに乗ると別れる(実は元々相性が悪い)」、「バンドの写真を撮ると潰れる(実はずっと経営難)」など、本来の原因を隠す手段に用いる。

えんしょう【円生】
一般的には六代目・三遊亭円生。昭和天皇の御前口演を行うなど昭和の名人と称される落語家。偉大過ぎて名跡を継ぐことがためらわれている。ただし現在では上野のパンダと同じ日に亡くなったことを茶化されるぐらい。

えんねつじごく【炎熱地獄】
真夏でもクーラーのきかないバンド部屋、練習場代わりのボイラー室、真上からヒーターの熱風が吹きつけるステージなど、キャバレーのあちこちにある地獄。

えんりょ【遠慮】
配慮して行動を控えること。ネカの交渉、アドリブやソロ、異性交遊などでバンドマンが最も避けるべき行動パターン。

バンドマンの為の国語辞典(う)2017年05月22日 23時59分

ういういしい【初々しい】
バンド専属の歌手が、入った当初だけに見せた一瞬のきらめき。

うおうさおう【右往左往】
「え?今日ベース休み?、聞いとらんぞ!今日は歌謡ショウだから、すぐ、タイバンの ベースに頼んで・・・なに、休みで、ギターが代りに弾いてる?じゃいいや、そいつで。 はぁ、楽譜全然読めん?・・あ、この間遊びに来たアマチュアのベース、あいつの連絡先、 誰か知らん?え、実家に帰ってる?、どこ?、沖縄?、間に合うかバカ!・・・あ、3番のボントロ、昔ベース弾いてたって言ってたな・・え、左利き? じゃ、急いで弦を張り替えろ・・・・ああ、面倒くせ~」「おはよう ごさいま~す」「アレ、お前、今日休みじゃないの!?」「え?休むの、タイバンのベース ですよ・・あ、俺のベース触ってる!みんな、なに右往左往してんの???」

うおごころあればみずごころ【魚心あれば水心】
「店が終わったら寿司喰いに行こうか」「わーうれしい」、という場面で渦巻いている、客とホステスの欲望ゲーム。

うきあしだつ【浮き足立つ】
リハーサルでビッグタレントにひと文句言われたバンドマンの様子。

うきくさかぎょう【浮き草稼業】
「あんた、このキャバレーの前どこにいたの?」「えーっと、どこだっけ?なんせ、この店で15店目なんで」

うごめく【蠢く】
メジャーなバンドマンから見たマイナーなバンドマンの様子。

うさんくさい【胡散臭い】
「雇ってもらえさえすれば、リョーキューはスイヤーでいいです」、と言うようなバンドマン。

うしろめたい【後ろめたい】
ステージで吹きまねをしている新米バンドマンのような、気恥ずかしい感情。口パクが当たり前になった現芸能界では死語。

うそはっぴゃく【嘘八百】
昔、人間が生涯でつくと言われた嘘の数。現代社会で生きていくにはこれではとても足りない。

うぬぼれ【自惚れ】
実力がないのに自分は上手いと思うこと。実力がなくても楽器が続けられるバンドマンにとってありがたい感性。

うやむや【有耶無耶】
はっきりさせないこと。日和見(ひよりみ)バンドマンにとって大切な生活信条。音楽用語では「フェイドアウト」。

うろこ【鱗】
人間の目に付いている小片。納得のいく説明を聞くとポロポロ落ちる性質を持つ。

バンドマンの為の国語辞典(い)2017年05月18日 21時50分

い【胃】
誹謗中傷と酒まみれのバンド社会で生きていくうえで最も丈夫でないといけない臓器。次は肝臓、「肺」と思っているうちはまだまだアマチュア。

いいかげん【いい加減】
バンドマンとしてやっていくために一番必要とされる心構え。ただし、「いいかげん」→「いいわけ」→「いやみ」→「いなくてもいい」→「いなおり」の順に堕落していくバンドマンが多い。

いいたいほうだい【言いたい放題】
次に行くバンドが決まったバンドマンがバンマスに向かって開放的な言葉の数々を言い放つこと。

いかんそくたい【衣冠束帯】
貴族や官僚の正装。バンドマンの場合は黒黒蝶(クロクロチョウ=タキシードに蝶ネクタイ)。

いきあたりばったり【行き当たりばったり】
1)一般的には、行動に計画性がなく怠惰的なこと
2)バンド社会では、行動に計画性がなく自由奔放なこと。

いきじごく【生き地獄】
リョーキューがスイヤー(給料が安い)なのにパリヒ(引っ張り=引き抜き)のあてもなく、日々悶々と演奏しているバンドマンの生活。

いきぬき【息抜き】
忙しい合間にほっとする時間を作ること、またその時間。ドラマーが自分の一物をスネアドラムにのせてロールを叩き恍惚となる、ようなこと。

いくじなし【意気地なし】
客の無理強いに対してノーと言えない店のマネージャー、店のマネージャーの無理強いに対してノーと言えないバンマス、バンマスの無理強いに対してノーと言えないバンドマン、のような人のこと。

いしはくじゃく【意志薄弱】
長く続けた喫煙や飲酒を健康のために止めてしまうこと。

いちかばちか【一か八か】
ビッグスターのステージをリハ無し本番で迎えるバンマスの心境のようなもの。「ヤケクソ」に同じ。

いちひめにたろう【一姫二太郎】
1)最初の子供は女、二番目は男だと育てやすいという言い習わし。
2)1対2の変態プレー。

いっかくせんきん【一攫千金】
バンドマンが常日頃思っている「宝クジ当ったら、こんなバンド辞めてやる!」の元となる事柄。

いのなかのかわず【井の中の蛙】
1)狭い社会にばかりいて広い世界を知らないことのたとえ。「ハコ(専属の店)の中のバンドマン」に同じ。
2)人間ポンプ(胃に物を自由に出し入れできる芸人)の胃の中にいる蛙。

イモ【芋】
バンドマンにとっては屈辱的な評価。芋にとってはハタ迷惑な評価。

インパクト【impact】
バンド用語の「パクイン」の元の言葉。相手を惑わす大げさな言動のこと。「タリハツ」(=はったり)に同じ。

バンドマンの為の国語辞典(あ)2017年05月15日 23時59分

あいきょう【愛嬌】
にこやかさやひょうきんさで相手に良い印象を与える振る舞い。バンドマンに一番欠けている資質。

あいさつ【挨拶】
敵意がないことを示すための開口一番の言葉。バンドマンの挨拶は時間帯や初対面か否かにかかわらず 「おはようございます」を用いる。「こんにちは」、「こんばんは」と言おうとすると 口がつる。

あおいきといき【青息吐息】
ネカビ(給料日)前にバンドマンが吐く青い色をした息。

あおすじ【青筋】
技量以上のものを表現しようとして演奏する際に額に現れる血管の筋。不健康かつパフォーマンスとしての効果も薄い。

あおにさい【青二才】
実力のある若いプレーヤーに対し老フレーヤーがやっかみを込めて呼ぶ際の呼称。

あかぬけている【垢抜けている】
1)スマートで洗練されていること。
2)エキサイトしない演奏を無理に誉める場合に使う言葉。

あきらめる【諦める】
バンドマンがこれからの人生を決める際に一番重要になる意志決定。

あくぎょうざんまい【悪行三昧】
悪代官と金持ちのバンドマンが行っている行為。

あくせん【悪銭】
たとえ身に付かなくてもバンドマンが一番欲しがるお金。泡銭(あぶくぜに)に同じ。

あせみず【汗水】
労働をすると体の表面から発散される体液。多くのバンドマンが嫌う傾向にある。

あたりはずれ【当たり外れ】
良いか悪いかその場にならないと分からない楽器の品質やバンドマンの品質のこと。

あばたもえくぼ【痘痕も笑窪】
キャバレー専属の歌手に多く見られる身体的特徴。バンドマンとデキる要素のひとつ。「カン違い」ともいう。

あびきょうかん【阿鼻叫喚】
勧進帳の譜面(数ページもありテンポやキーが変わる楽譜)のショーを演奏するステージで見られるバンドマンの絶望的な様子。

あらけずり【粗削り】
未熟な人をけなす際に傷つけないで褒めたように表現する言葉。「君のプレイ、いいねえ、粗削りだけど・・・」

ギターのその後2017年05月11日 23時59分

藤を見に行って買ってきたギター、2000円なので買ったときには確かめもしなかったが、本体にキズも無く、調弦してみると音程のズレも無い、音色もそこそこ。

では、と思ったとき、忌まわしき思い出が。実は左利き。教則本が使いづらいし、コード表を見ても逆さま。で、あれこれするうちに、行き詰ってしまったんだった。

でも、ものは試しとネツトで捜してみると、あちこちにレフティ=左利き用、のギターのサイトがある。な~んだ、と思ったとたん、なんとなく熱が冷めてきた。

学生のころは、右用のギターを左で構えて弾いたり、弦を反対に張り替えたり、あれこれ試行錯誤した。行き詰ったけど、それが楽しかった、のかもしれない。

そこで本日のことわざ、

【覚える者は和音も掴む】
必死で覚えようとすれば、ギターの和音も弾けるようになる

【隙こそ音の上手なれ】
隙や不得手なことがあるほうが音楽が上手になる

【弦は急げ】
弦楽器を習得しようとする者は急いだほうがよい・・・特に年寄りは

【敵は本の文字にあり】
本の文字だけ読んで上手くなった気になることが習得の敵だ、音楽を志すなら実践練習を重んじよ

バンドマン用語テスト【模範解答例】2017年05月08日 23時59分

バンドマン用語テスト
【模範解答例】
今日は4時からゲージュー(50歳)ぐらいの×塩化(演歌)歌手のリハ(リハーサル)。×G間(ジーカン=感じ)ルイワー(悪い)の×多雨(ターウ=歌)の×蛇真似(ジャーマネ=マネージャー)がいろいろ注文をつけるので、ちょっとイラッときた。
「×鈍場(ドンバ=バンド)さん、よろしくお願いします。
まず、最初の曲はトオリ(譜面通り)です、ツーコーラス目は×淫すと(インスト=楽器演奏)になってます。2曲目の前にカンバン(看板=歌手)の×笑む詩は要ります(MC入ります)。
2曲目は途中から×賛同絵に店長(三度上に転調)してます。サビはサックスソリです、×欲は盛る(よくハモる)ようにお願いします。
3曲目は×六区町(ロック調)、なのでキメは×悪銭と(アクセント)、で。
4曲目はスロー、ケツ(最後)の部分の×反らし度(ソラシド)は×利たる団度(リタルダンド)で。
5曲目、イントロの×度味噌(ドミソ)の和音は×近刊し縦走(金管四重奏)みたいな×分岐(ブンキ=気分)で。アドリブの後は×ドア魂(ど頭=一番初め部分)に戻ってください。
最後の曲は、×騒乱武士(ソーラン節)を×産婆(サンバ)のリズムにしてあります、×太古(タイコ=ドラム)さんよろしく。×怨霊(音量)を大き目で、音楽は×他の子音だ(楽しいんだ)、みたいに。以上です、よろしくお願いしま~す」
と、こんな具合だった。リハはイヤだがシーメー(飯=食事)が出たので、まあいいとしよう。

注)今どきこんな問題を解けたからといってなんのメリットもありません・・・。

************************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************