熊さんジャズの歴史を学ぶ2017年03月27日 10時55分

<ジャズ風・百年目>

熊:大家さん、いるけぇ。
大:おや、熊さんか。ま、お上がり。
熊:大家さん、俺ぁクラッシックてのに 興味ねえけど、「大工の弁当」ってのは、いい曲だな。
大:「大工の弁当」?そんな曲、聞いたこともないな。
熊:あれぇ意外とものを知らねえんだな。ほら、決まって年末にやる曲だよ。
大:年末に?・・・そりゃ「ベートーベンの第九」だろ。
熊:ふーん、ベートーベンってえ奴が作った曲なのか。で、そのベンちゃんってのは、ジャズの曲は 書いてないのかい。
大:ベンちゃんってえやつがあるか。ベートーベンとジャズでは時代が違う。
熊:えー、ジャズってのは大昔からあるんじゃねえの、縄文時代とか。
大:縄文人がジャズをやるか。ジャズはアメリカで誕生して、まだ100年とちょ っとだ。
熊:百年?じゃ、日本でいうと、奈良時代か平安時代か。
大:どんな歴史感覚をしてんだ。あのな、ジャズ発祥の元になったのは、アメリカ南北戦争、日本で言えば江戸時代の末期、明治維新の少し前だ。
熊:とっちょ待った。南北戦争とジャズと、どんな関係があるんで?
大:話せば長くなるが、南北戦争ってのは、アメリカの北部と南部の経済的対立で起きた、それに奴隷制度の廃止が絡み合った戦争だった。
熊:ふーん、北と南ね、で、どっちが勝ったんです?
大:北部が勝ったな。奴隷制度は廃止になにり、敗れた南軍の軍楽隊の楽器が、たく さん巷に出回ることになった。
熊:敗軍の兵が、楽器ってぇ置き土産をしていったわけだ。
大:おりしも、綿花の積み出しで賑わっていた南部の都市ニューオリンズでは、街の盛り場で客の気を引くために、賑やかな音楽が求められていた。
熊:なるほど、盛り場には賑やかな音楽がいいやね。「ねえお兄さん、遊んでかない」に、ポクポクポクって、木魚は似合わねえ。
大:そこで、南軍の残した楽器を使って音楽を演奏したのが、アフリカの太鼓のリズム感と、教会霊歌 の祈りの心と、独特のブルース感覚の素地を持った、アフリカ系の黒人だった。
熊:ふーん、時代にマッチしたわけだ。
大:やがてその音楽が広まり、それがジャズという音楽として認知され始めたのが、19 00年代の初頭ってわけだ。
熊:なるほど、それで、百年ってわけか。じゃ、ジャズってのは黒人が作り出した音楽なわけだ。
大:確かにジャズの下地を作ったのは黒人だが、ジャズを音楽のジャンルとして広めたり、初のジャズレコーディングを行ったのは白人だった。
熊:黒人の音楽に白人が興味を持ったんだな。
大:その後、1917年にニューオリンズの繁華街が閉鎖されて、バンドマン達がミシシ ッピ川を北上し、カンザス、シカゴ、ニューヨークへとジャズが広まっていく。そこへ ジャズを持ち込んだのは黒人だが、それをダンス音楽として広めたのは白人だし、その後、 黒人色の濃いジャズ、白人色の濃いジャズが、入れ替わり立ち代りジャズの歴史を作って いくことになる。
熊:ふーん、ジャズってのは、短っけえけど濃い歴史を持ってんだな。
大:わかったら、少しは真面目に練習しな。そんな腕前じゃ、ニューオリンズのジャズマンに会わせる顔がねえぞ。
熊:なぁに、会ったら言ってやる。
大:なんて?
熊:ここで会ったが゛百年目゛。

熊さんのトロンボーンレッスン -音階練習2-2017年02月23日 22時22分

熊さんのトロンボーンレッスン -音階練習と呼吸-

熊)大家さん、いやさ大家、ヒック、ひさしぶりだ、ヒック、なあ~
大)おやおや、酔ってるのか。ところで、メロディはきれいに吹けるようになったのかい。
熊)それだよ、大家さん、テヌートってのはできたけど、大家さん、それだけじゃ、大家さん、ちゃんとしたメロディにならねえんだよ、大家さん。
大)いちいち大家さんって言うんじゃない。
熊)おおや、おやおや。で、メロディがぶつ切れになっちまうんだが、なんとかなんねえか。
大)ぶつ切れね。ところで熊さんは、眠っているあいだ、意識して呼吸をしているかい。
熊)寝てるあいだに?そんなことしたら、夜っぴて寝られやしねえだろ、人を殺す気か!
大)そこだよ。呼吸には、普段の生活での「意識しない呼吸」と、楽器を吹くときなどの「意識する呼吸」があるが、楽器を吹くときには、メロディを作る分の息を、意識して取り入れないといけない。
熊)だけど、演奏の最中にいちいち呼吸を意識してたら、譜面が読めないだろ。そこはどうするんだ、え、おい。
大)熊さんみたいな甥を持った覚えはない。そこで大切になるのが、音階練習だ。
熊)また音階練習かい。で、どうやるんだ。
大)順序だてて言うと、
1)複式呼吸で大きく息を吸う
2)いったん腹に溜め、まっすぐに息を吐くことを心がける
3)息の量と、テンポや長さとの、バランスを意識して音階を吹く
4)それを繰り返して、それが無意識に出来るようにする
5)メロディを吹くときに、そのことを意識して吹いてみる
6)最終的には「意識呼吸を無意識に」、を心がける
熊)それだけかい、じゃ、ヒック、早速やっつけてくらあ。
大)おいおい、酔ったままで練習するのか。
熊)息の練習だからいいんだよ、昔から言うだろ、「息は酔い酔い」

今回も台風は傍らを通り過ぎ・・・2015年07月16日 23時59分

九州には台風の影響はほんどなく、ベランダの荷物や廊下の植木鉢を元に戻して、平常の朝となる。

去年も同じような状況が発生して、学童保育の孫の送迎をした、と日記に書いていて、その時も肩透かし。

近所の学校は休校になり、結局夏休みが一日早く始まった、という結果になったらしく、元気な子供の声が。

さて、テレビでは次の台風が近づいていると報じている。「オオカミが来た」ではないけれど、油断は禁物。

またまた、安物買いの・・・2015年05月25日 23時59分

いつかのこのブログに、「トロンボーンのスライドオイルの代用に、某液体石鹸を使っている」と書いた。それから数ヶ月・・・。

なんかの話のついでにそのことをカミさんに話したら、「え、あの液体石鹸のせいで、以前台所が石鹸カスで詰まったことがあるよ!」

え゛~!、1000円のスライドオイルを節約して、してやったり、と思っていたら、そんなところに落とし穴があったとは・・・。

安物で失敗するたびに、『安物買いの銭失い』、を心に刻んだはずなのに、性懲りも無く繰り返す、どうも、この貧乏性は治らないらしい・・・。

久しぶりに友人と演奏・・・2014年02月03日 23時38分

先日、遠くから来てくれた友人とセッションすることがあった。お互いに60歳代半ばで、いろいろとトラブルを抱えての演奏だったが、久しぶりに刺激を受けるステージだった。

特に、オブリガードの入れ方。心地よいウラメロが入ると、表のメロディも楽に演奏出来る。あれは、テクニックの問題だろうか、それとも、雰囲気の作り方の問題だろうか。

コードを追うにしても、派手過ぎては元メロを壊してしまうかもしれないし、かといって、遠慮し過ぎては意味がないし。その加減というのは、経験が作るものなんだろう。

次はいつになるか分からないが、そのときは立場を入れ替えてやってみたいもの。ということで、やらないといけないことが、次から次に増える。これだから、ジャズというのは・・・・。

草取りで人間観察していたのは?2013年12月12日 22時00分

先日、町内共同の大掃除があった。朝8時に集合して、周辺の草取りなど。そこで、ふと思い出した、草取りに関する古~いジョーク・・・・。

一区画の草取りを時間を決めて、国別の住民にやらせると、
イギリス・・・どう進めるかの議論ばかりして、ちっとも進まない
イタリア・・・・陽気におしゃべりばかりして、ちっとも進まない
ドイツ・・・・・・丁寧に丁寧に取りっていくので、半分しか進まない
では、日本人は?
日本・・・・・・・時間内に全部取り終わって、周りに柵まで作ってあった

町内の草取りは、そこまで極端ではないにしても、
ある人は・・・どこから手をつけるか考えている
ある人は・・・隣りの人とおしゃべりが盛ん
ある人は・・・狭い範囲を一人で黙々と取り続ける
ある人は・・・ホウキで掃いて回るのが専門
ある人は・・・そんな人たちの行動を興味深く観察している

かくて、1時間半で大掃除は終了。さあて、風呂に入って、草取りをしていた人たちの様子を、ブログにでも書くとするか・・・。

また今年も年末がやってきた2013年12月02日 23時59分

今年の流行語大賞が決まって(しかも4つも)、やっと年末の喧騒が本格的になる。

これから、やれクリスマスだ、年末商戦だ、おせち準備だ、と気ぜわしい日々が続く。

太陽の周りを一周する期間を一年とする、ということを最初に考えた人間のせいで。

カレンダーは一枚ずつめくるが、実際の時間はどうなのか、流れる?進む?それとも?

などと、最後の一枚になったカレンダーに、なにかしらの感傷を抱くのは歳のせい?

自作カレンダーの印字、年賀状の案と作成、お歳暮の選択など、世間のアカが待っている。

「大掃除、どの部屋からやるの?」
「居間でしょ」
「お歳暮のお返し、どうする?」
「倍返し」
「本当にそう思ってる?」
「お・も・っ・て・な・し」
「アルファベットで、IとKの間は?」
「ジェ、ジェ、ジェイ」

などと、アホなことやってるヒマ、ないし。

なんだか、秋みたいな・・・2013年09月26日 20時40分

朝起きたら、のどが痛い。あれ、疲れ?でも、疲れるほどのことはしていない。、それとも、酒のせい?いや、ここ数日は飲んでないし。で、ふと温度計を見て気が付いた、「あ、寝冷えだ」。

9月も終盤にさしかかっているというのに、猛暑のなごりで、まだ夏の気分。ティーシャツに、半ズボン。寝るときは敷布団のみで、タイマーをセットした扇風機がかかせない。このせいか。

去年もそうだったが、夏から秋への変化が、デクレシェンド、でなく、フォルテピアノで、つまり少しずつ秋へ、ではなく、フォルテ=夏から、いきなりピアノ=秋、の状態。今年もそれに気づかないまま。

ということで、気温の低下に対応できず、のどの痛みに加えて、ダルさと、脱力感。しかし、風邪薬を使うほどでもないか。幸い、食欲だけは、いつものとおり、というより、少し多目だし・・・。

歩こ、歩こ、歩けば元気・・・2013年07月01日 23時59分

久しぶりに市街地まで歩いた。

チャリで少しは足の筋肉を使っている、と思っていたらとんでもなかった。歩くときの筋肉はチャリで使う筋肉とは違った部分を使うようで、しばらく歩いたら、あちこちが痛くなった。

まず痛くなるのは、ふくらはぎ。それから、太ももの付け根。そして、腰全体に痛みが広がる。そのあとが、ちょっと心配だが、心臓。チャリのときは登り坂でも平気なのに・・・。

立ったままで1時間、それを2ステージ、となると、ステージで演奏するのに役に立つのは、やはり歩き、か。チャリで坂道を登る太股の筋肉は、あまり必要ないようだし。

しかし、考えてみれば、立って演奏するからそうであって、座って演奏するのなら、サドルに腰かけるチャリの運動も、あながち役に立たないわけでもないはず。そろそろ、ステージ用の自前のイスを用意する、か・・・。

山で出会った恐るべき?70歳2013年06月06日 23時59分

10年以上ぶりに平尾台という山、というか丘に、チャリで登りに出かけた。すると、登り口におじさん、と言うか、おじいさんがいて、声をかけてきた。

「お兄ちゃん」
(こっちも、お兄ちゃん、というより、おじいちゃんに近いが)
「今から登るの?」
(体力的に頂上までいけるか分からないが、とりあえず、そのつもり)
「わしゃ今2回登ってきた、ギア無しのママチャリで、荷台に重しを乗せて」
(広げたノートには登った回数やテレビ取材の記録、か)
「今年で70歳になる。体を鍛えるため、いままで2445回登った」
(へー、と言うか、なんでそこまで?)
「あんたも67歳になったら、体つきが変わって楽に登れるようになるから」
(いや、同じところを何回も、よりは、どっか遠くへ行きたい)

しばらく話した後、一人でぼちぼちと登り始めたら、数分後、後から来てスーッと追い抜かれてしまった。

んー、自分の目指すチャリ人生とは少し違うが、それでも、恐るべき70歳ではある・・・。