灼熱時代のSF小説・2題2020年08月20日 12時15分15秒

【 酷暑日の先は? 】
25度以上を夏日、30度以上を真夏日、35度以上を猛暑日、その上は規定はないが酷暑日とでも言おうか、ではその先は・・・

「次の方、そこへお座りください。えっと、今日は何の申し込みですか」
「あの~、日陰を歩く権利、の申し込みですが」
「ハイハイ、『日陰歩行権』ね、一人?お子様2人も込みで?申込書類はこれね、はい、しばらくお待ちください・・・えっと、手続き完了しました、この『日陰歩行権』の札を必ず首から下げて日陰を歩くように。ご存知でしょうが、これを使えるのは40度以上の酷暑日、それと国と提携した建物や電柱の日陰だけ。私有ビルなどの日陰は有料ですから注意して。そうそう、今日は50度以上の”残酷暑日”ですから、帰り道は気を付けて。・・・はい、次の方・・・」

【 ある日の海水浴 】
「パパ、どっか連れてって、ねえってば」
「分かったよ、じゃ海はどうだ」
「わー、海、いいな。じゃ、隣の部屋で水着に着替えて待ってるよ」
「さあ、このゴーグル付けて・・・どうだ、海は広いだろう」
「わーホントだ、それに水って冷たいんだね、あ、この水しょっぱい!」
「海ってそんなもんだよ。太陽の具合いはどうだ?」
「”暑い”って、こんなことなんだね、おもしろ~い!」
しばらく遊んでいると、ママが声をかけた。
「今日はなに?海水浴?もういいでしょ。海水代や太陽代、かかるし」
「わかったよママ。でも、せめて気分だけでも、と思ってな」
「そうね、あたしたちの頃は、本物の海で遊べたのにね」
「しょうがないよ、地球の平均気温が50度になって、海が干からびて、残った海も、高塩分濃度の熱水だし。なにしろ今は、空調のある建物からの外出は危険で、国から禁止されてる時代だからなぁ」
そう言うとパパは、疑似太陽光源機や、疑似海水製造機の設置された部屋で、ゴーグルを外した。もちろんゴーグルとは、水中用ゴーグルではなく、バーチャル体験用のゴーグル。

DVD?YouTube?2020年04月27日 11時45分45秒

若い頃苦労して集めたDVDのストックが、棚にある。

「ジャズ」、「ジャズ映画」、「映画」、「文化」、「テレビ録画」、「漢詩セット」に分類している、が、どれを観始めても、早々に切り上げてしまう。

「ジャズ」は、音と画像の両方に神経が行ってしまい他のことが出来ない、「ジャズ映画」・「映画」は、観終えるまで2時間以上かかる。

「文化」・「テレビ録画」は、昔の録画で画像が粗く、「漢詩セット」は、中国語と日本語の切り替えに時間がかかる・・・かくして、DVDは棚の飾りに。

今は「YouTube」の時代。古今東西のジャズ演奏、映画、いろんな文化的映像、が当たり前のように出てくる、何の苦労もなしに。

思えばキャバレー時代には、ジャズ楽譜の元音源を探すのにも一苦労で、やっとレコードを探し当てて、「こんな演奏なのか」と理解した。

で、ふと棚のDVDを見て思う、「苦労がない」、というのはいいことなのか・・・もう一度、(ボーッと、でもいいから)、観返してみるか・・・
(とりあえず、”Blues Brothers”から)

悪魔と天使の折衷案(?)2019年12月09日 20時50分50秒

喉風邪が少し治まりつつある、そんな中・・・

先日、あるジャズカフェでのビッグバンドライブに、応援で参加した。終了後、打上げということで、豪華な料理とお酒がテーブルに並び、「さあ、どうぞ、どうぞ」と勧められた。

ここで二者択一、
♪ 悪魔の囁き
「イッヒッヒ、もう治りかけているし、こんな美味そうな料理を前に断るのは失礼じゃないか、悪化したらその時はその時、パーッとハデに飲もうぜ」
♪ 天使の囁き
2.「何を言うの、治りかけで飲んで来春まで咳が止まらない、という忌まわしい思い出を盾に、いやけっこうです、とキッパリと断るのよ」

悪魔と天使の声にさんざん悩まされ、結局、選択したのは・・・
「ありがとうございます、じゃ・・・いただきます、あ、お酒はノンアルで」
悪魔と天使の囁き、実は、自分の中の葛藤。

”酔わない酒”には意味がないと、過去にさんざん悪口を言っていたが、今回は助けられた、やれやれ。

経済の実感とは???2019年10月21日 12時50分50秒


ネット接続はADSL、配線は家の中を這い回るランケーブル、パソコンはウインドウズXPとセブン、iPadは更新不可のバージョン・・・

こんなデジタル状況で、カード支払い、キャッシュレスポイント返還など、うちのカミさんともども対応できる気も、する気もないのが現実・・・

物々交換から、和同開珎、明銭、小判、紙幣と、物を手に入れる方法がさまざまに変化した中、実体のないモノにゆだねる抵抗感・・・

昨日利用したバス、新幹線、地下鉄、タクシー、コンビニ、自動販売機、すべて現金に羽が生えて飛んでいく、これこそが経済の実感・・・古いのかなぁ~

今年の目標は、芸人・・・?2018年01月29日 23時59分59秒

先日、イベントを提供するグループからお誘いの電話があった。

「あなたがやられている、音楽を演奏しながら、プロジェクターで歌詞や映画のシーンの映像を写して、お客さんに楽しんでもらうというイベントを、うちのグループに登録しませんか」
「そうですか。ありがとうございます、是非お願いします」
「よかった、じゃうちの芸人グループに登録しておきますね」

「芸人?!」・・・確かに、あちこちの公民館や老人ホーム、商業施設などでやっているあれは、ジャズ演奏の音楽活動、というより芸人活動、だよな。

ライブで演奏するとき、ときどき自分が何をやりたいのか、分からなくなるときがある。お客の層に合わせて選曲したらスベッたりする。

じゃ、自分のやりたいことって、そもそも何なのか。トロンボーンを演奏することそのもの?、ジャズに特化?、キャバレー時代の復唱?、レッスン?

とりあえず、今年はそのうちのどれかに集中してみようかと思う。が、それに加えて「芸人」としての活動も、頑張ってやることにするか・・・な。

ネット中毒になりたくないが・・・2017年02月02日 12時12分12秒

いろいろネットで買うが、後悔したくない、との思いで、ほとんどは消耗品か小物。最近では、プリンターインク、練習用のプラ・マウスピース、中古パソコンの9800円、と言ったところ。これぐらいなら、不良品でも諦めがつく。過去で大物と言えるのは、プロジェクターの4万円ぐらいか。

さすがにトロンボーンは、現物を見ないことには手が出せない。ちょっとしたスライドのひっかかり、音色の違和感など、演奏者にしか判らないことを言っても、「ちゃんとしてますけど・・・」と、ただのクレーマーに思われるだけだし、その後、そんな気分で演奏しては元も子もないし。

ただ、いい物だと20~30万円もするアルトトロンボーンが、いくらマイナーメーカー製品とはいえ、2~3万円である、となると、ちょっと考えてしまう。「安物買いの銭失い?」、いや「それで手に入るなら!」・・・画面を睨んでは、鈍った頭の中で、天使と悪魔が真夜中まで大格闘。

本音は主力楽器を買い換えたい。今のバック16は30年、キング3Bはいまいち、バストロは重たい、フリューガ、ユーホはメインに出来ず。買うのなら、安物を買う金をそっちへ回したい、けど、一度はステージで試してみたい、と、今日もネットを開く・・・って、あれ、これもネット中毒の一種か?・・・

キーをどう選ぶか・・・2016年11月11日 23時59分59秒

今日はレッスンの日。
クリスマスも近い(?)ということで、そんな曲を2曲準備。

1曲目は「ホワイト・クリスマス」。
男性の声ならinCでいいが、トロンボーンだと、ローが7ポジのB、最高音がDでは、メリハリが効かない。というとで、inFで。リズムも、大人しくスイングでいいか。ポイントはレガートタンギング。

2曲目は「クリスマス・イブ」。
8ビート、キーはGにしたいが、生徒さんのレベルを考えてやはりinFで。
元歌の雰囲気を思い出しつつ、それとCMのあのイメージを考えて。しかし、いざやってみると、やはりFでは最低音がCなので低すぎる。こちらは次回Gでやり直しとするか。

車の正月飾りの続き・・・2015年01月15日 23時59分59秒

車の正月飾りのことをネットで検索してみたら、けっこう書き込みがあった。やはり、最近見かけない、というもの。

理由としては、いまどきダサい、そんな習慣を知っている若い人たちがいなくなっている、交通法違反では?、などなど。

交通法は、単に車の前面に付けているだけで視界をさえぎるものでなければ、別に問題ない、ということらしいが。

それにしても、ダサい、か。そのわりには、若い人がパワースポットと称して神社やお寺に行く、というのも変な感じだが。

神社での参拝方法を(テレビで見て)知っているわりには、地元の神社の祭事などには無関心、などの現象も見え隠れするし。

まあ、社会習慣は時代とともに変わっていくもの。とはいえ、ちぐはぐな文化継承が気になってしまうのは、もはや年寄りのグチ、か。

最近見かけないもの・・・2014年01月13日 23時44分58秒

最近見かけないもの・・・

▼スーパー店頭の、クリスマスケーキの山
いったいどなたがアベノミクスでうるおっているのやら・・・。

▼前面に正月飾りを付けた車
法律で禁止されているのか?と思うぐらい。

▼凧揚げ、羽根突きで遊ぶ子供
電線の広場、車だらけの道、ではやむなし。そのうち古典芸能に?

▼俳優らしい俳優
新年のバラエティ番組より、学芸会レベルの芝居をなんとかしたら?

年末年始の風景も、すっかり変わってしまった・・・。
まてよ?逆で、自分が変わっていないだけか?そうか、そうやって時代から取り残されていくわけだ!

逆走老人を見た日・・・2013年10月31日 23時59分59秒

先日のこと。狭い道から、左にしか曲がれない一方通行の道に出て来る自動車を見かけた。見ると、その車は右にウインカーを出している。

標識を見落したんだろうと思い、「右はダメ、一方通行」と、身振りで運転している老人に注意したら、「フン、よけいなお世話」、といった顔で無視された。

車はそのまま一方通行を10mほど逆走して、その先にある横道に入って行った。ははあ、遠回りを避けてあの横道に入るために、逆走したのか。

・・・って、納得している場合じゃない。いくら対向車がなくても、警察が見張っていなくても、自分が地元の住人だとしても、イカンものはイカンでしょ。

高速のSAから出るときに逆走するのとは、意味が違うけど。それにしても、歳とともに「老人だからなんでも許される」、みたいな感覚が、自分にも出てくるんだろうか。そこで、今回の教訓、

【 老いては 交通法 に従え】