一幕芝居 「神々の深き悩み」2018年03月22日 16時30分30秒


一幕芝居 「神々の深き悩み」
<出演>
恵比寿、大黒天、毘沙門、弁天、布袋、福禄寿、寿老人の七神

<幕が開く。神社の奥まった板張りの広間に、七柱の神様が輪に なって座り酒宴を開いている。いろんな酒のビンやカンが用意され、神様の前には盃が置いてある。長時間の酒盛りで、全員がかなり酩酊している>

恵比寿:「おーい、みんな飲んでる?・・・ジャンジャン飲んでよ。 正月、人間どもの勝手な願いを聞くんで大変だったんだから、今日ぐらい飲まなきゃ、ね。 ちょっと、そこ何もめてんの、え、大黒は帽子を取らないから失礼だ?しょうがないでしょ、制服だから。おや弁天様、いつもお綺麗でいらっしゃる。ちょっと踊って みせて、ち・や・う・だい・な~、なーんてね。」
毘沙門天:「おい恵比寿、そりゃセクハラだぜ。だいぶ酔ってんじゃねえか」
弁天:「いいんですのよ。それより布袋様、奉納の時の音楽、お聴きになりました?」
布袋:「音楽っていうと?」
毘沙門天:「そうだ、ラジカセだった。神様を迎えるのにCDにラジカセってのはねえだろ。 俺ぁ、槍で突き刺してやろうかと思った!」
福禄寿:「おいおい、乱暴はいけねえが、それにしてもCDとはな。昔なら考えられない」
寿老人:「ありゃなにかね、雅楽の生演奏を出来る人間がいなくなっちゃった、ってことかね」
福禄寿様 「そうでしょうねえ。雅楽の楽器てのは、そんなに難しいのかね」
弁天:「その原因というのが、友達の伎芸天様が言ってたんですけど、近ごろの人間は、音感がおかし くなってるんですって」
大黒天:「へー、音に対して鈍くなったとか?」
弁天:「それが逆ですって。ほら、ピアノって、人間が作った楽器がございますでしょ」
大黒天:「ああ、白と黒の鍵盤が並んでるやつ」
弁天様 「ええ、あんなふうにきちんと並んだ音程の感性しか無くなってるってことらしいの」
毘沙門天:「ふーん、よく分かんねえな」
恵比寿:「つまりだ、音ってのは無限の広がりを持っているのに、それを下のドから上のドまでの間隔を12の音に固定しちゃった、てことだよね、弁天様」
毘沙門天:「おい、恵比寿、俺は弁天様に聞いてんだよ。横から口挟むねえ」
恵比寿:「なんだと毘沙門。そういやお前、さっき俺の鯛の半身食いやがったろ」
寿老人:「二人とも止めなさい。なるほど、固定された音しか使わなくなったから、ピアノの音階に無い日本古来の音程が理解できない、ってことか」
大黒天;「そやけど、地方の音楽なんかには、まだまだ自由な音感が残ってまっせ」
毘沙門天:「そういや、ジャズのブルーノートも、出来立てのころは微妙な感覚の音だったよな」
恵比寿:「そうそう、マイナーとメジャーの中間のような、あの微妙なブルース感覚が、 なんともいいんだよな。特にトロンボーンのかもしだすブルーノート、たまらんなあ」
毘沙門天:「わかってるじゃない恵比寿様、おーい、恵比寿様にもっとエビスビール持ってきて」
布袋:「ピアノはブルーノートはどうするんでっか」
弁天:「例えばミとミの半音下がりをいっしょに弾いたり、ずらしたりして出すらしいんですの」
寿老人:「ほんに、あのころのジャズのサウンド、懐かしいわい」
弁天:「もっと自由な音感が、人間に戻るとよろしいんですのにね」
恵比寿:「じゃ、二次会はジャズライブハウス『ANOYO』にしましょうか。えーと、ライブの予定は・・・サッチモのラツパに、デュークエリントンのピアノか。 ん?・・ヒノテル、ナベサダ?あれ、この二人まだ現役でしょ?」
弁天:「よく見てくださいまし。右肩に『近日来演』って 書いてございますでしょ」
恵比寿:「あ、ホントだ、ハハハ・・・。じゃ皆さん、ライブハウスでもうひと盛り上がりしましょうか」
全員「いいねえ、行こう行こう」

<立ち上がった神様たちの姿が少しずつ薄くなっていき、やがてスーッと消える。後には広間の静寂さが残り、ゆっくりと幕が降りる>

初盆がすんだ・・・2016年08月24日 21時19分30秒

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

久しぶりに更新する
 まだ落ち着かないけれど

   葬儀、四十九日、百ケ日、そして初盆
     忘れさせないためか 忘れるためか

体の中の 気持ち 気持ちの中の 心 
 心の中の 魂  落ち着かないのは どれか

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とりあえず、このブログを続けてみよう

病は「キ」から・・・2015年01月08日 23時46分56秒

小学一年生の孫がインフルエンザにかかったと連絡があった。「病は気から」と言うが、学校や保育園でもらってくるのは、いくら気を張っていても防ぎようがないし、原因はそれでけではないかもしれない。

「病は着から」・・・厚着に頼って体が軟弱になっている
「病は木から」・・・木造校舎ですきま風が吹く
「病は機から」・・・外で遊ばずゲーム機でばかり遊んでいる
「病は季から」・・・季節の変わり目に対応できない
「病は飢から」・・・栄養のつくものをちゃんと食べていない
「病は規から」・・・規則正しい生活をしていない
「病は器から」・・・共有の食器などなから菌をうつされる

などなど、いろんな原因はあろう。が、結局は自分自身が気をつけるにしかず。つまり、「病は己から」。

背後に静かに忍び寄るのは・・・・2014年11月17日 23時30分30秒

近くの郵便局に行っての帰り道。お寺の紅葉に秋の雰囲気を感じながら、人通りのない坂道をのんびり登っていると、背後に何かの気配を感じた。

ム、何者!?さては甲賀忍者か、それとも伊賀忍者か、パッ、と体をかわす!と、そこにいたのは・・・ドデカイ車体で忍び寄るハイブリッドカー。

狭い道で追い越すことも出来ず、と言ってクラクションを鳴らすわけにもいかず、ずっと静かに後ろを着いてきたらしい。あ、こりゃこりゃどうも・・・。

しかし、わざと音を出す装置云々の議論があるにしても、坂道でさえあんなに静かだと、耳の遠い人だけでなく普通の人でも気が付かないだろう。

そこで本日の教訓、
『背後には気をつけろ、ゴルゴ13とハイブリッドカー』

老いては子に従え・・・2014年07月24日 23時59分59秒

フルバンドのメンバーの一人として、福岡のライブハウスで演奏することになったので、新幹線で出掛けた。なんと、新幹線に乗るのは3年ぶりぐらいになる!

以前は、仕事の都合で10年間毎日乗っていたので、慣れたもんだ、と思ってしたが、そのころ「さくら」はなかった。乗り過ごすと、鹿児島まで行ってしまうのか!

演奏が終わって打上げ。ポッキリ出しの料金、言えばおんぶされての飲み会だったので、貧乏性を発揮してついつい飲み過ぎ。帰りのことを思い出せない!

家と会場の間の行程は慎重に行動したつもりだったが、結局はどこか危なっかしい。曲が刺激的なのはいいが、行動が刺激的なのは、この歳では頂けない。

この時は幸い娘が同行してくれていたので、事なきを得た。ということで、本日の教訓・・・・・
『おい、ってば、子に従え!』

物騒なことが、え、まさか・・・2014年02月24日 23時00分00秒

北九州市で物騒なことが立て続けに起きている。それが、とうとう自分の家のすぐ近くまで迫ってきた。

今度の事件現場は、今の家から300mほど先で、なんと、以前住んでいた家からは10mも離れていない。

おまけに、カミさんが買い物に行く通り道、親戚の子が通う保育園の近く、どうにもこうにも物騒な限り。

もひとつおもけに、今の家に引越す前に、「ここはどうかな」と、一度は物色した住居だった。それを思うとゾッとする。

「君子危うきに近寄らず」、というが、「危うき」が向こうからからやって来たら、庶民は一体どうしたらいいのやら・・・。

刺激のためならエンヤコーラ・・・2013年08月26日 23時59分59秒

先日、バンドの演奏にトラで参加してきた。フルバンドでトロンボーンは4人。ニュースカイラークではいつもトロンボーンは一人っきりなので、刺激的で思いっきり嬉しい。

曲目も、全然やったことのない十数曲を初見でということで、緊張感がたまらない。それに、別の組でペット、テナー、ボントロのコンボもいて、こちらからもいい刺激を受けた。

人間の脳というのは常に刺激がないといけない、というが、全くその通りで、いつもの曲を、いつもの通り、では、知らず知らずのうちに退化していく、というのをまざまざと感じた。

しかし、おっくうがって受け入れないでいると、刺激はいつの間にか自分の周りに寄り付かなくなる。問題は、歳とともに重くなる腰に、尻に、足、これをなんとかしないとなぁ。そこで、今回の教訓、

『刺激のためなら、エ~ンヤコ~ラ~・・・』

初めて知ったフライパンの値段2013年06月24日 23時59分59秒

今使っているフライパンが浅くて小さめなので、焼きそばとかの油モノの料理をしていると、油がはねて、床が油っぽくなってしまう。そこで、ちょっと深めのフライパンを買いに行った。

売り場を見ていたら、3980円、2980円など、いろいろある。IH対応でなくていいし。と、見ていたら、1290円がある。ああ、これでイイや、と思ったら、980円が、そしてその横には399円!

調理器具を自分で買いに行くことなどなかったので、フライパンの値段など興味もなかったが、こんなに安いものがあるんだ、と感心。カミさんは「ン万円するのもあるよ」と、さらに追い討ちを。

楽器と、IT機器と、酒、それ以外のものの値段や質にあまり関心がなかったことに、今更ながら気が付いた。これからは、100円通いばかりでなく、もう少しモノの質にこだわってみるか。そういえば、父の口癖だったなぁ、「安物買いの銭失い」・・・。

久しぶりのショクナイで・・・2013年06月10日 23時59分59秒

久しぶりにショクナイに行った。ショクナイ=内職、つまり本業以外の仕事のことなのだが、本業のバンド仕事そのものが少ないので、この呼び名もう死語になりつつあるが。

2ステージの歌謡ショーで、カンバン(看板)=メインの歌手)の前座に4組の歌手が歌うので、全曲合計すると30曲あまり。で、その半分はシーメロ、つまり、ピアノの楽譜。

このシーメロ譜を見て、アルト、テナー、トロンボーン、ドラム、ベースなど楽器の如何にかかわらず、全員が同じ楽譜で演奏する、それに加えて、突然の要望も発生する。

「すみません、キー2度上げてもらえませんか」、「すみません、これCmじゃなくて、Dmでやってください」。「え~っ」、と言いながらも、最終的にはちゃんとした伴奏になる。

なるほどメンバーを見渡せば、そんなのはおてのもの、といった昔風のバンドマンのメンツばかりだった。そんななか、一人がポツリ、「こんなことできるバンドも、俺たちが最後かなぁ」。

ということで、朝の8時半からのリハーサルに始まって、昼、夜、2時間半のステージを無事終了。終わって外に出ればいつの間にか雨。久しぶりのショクナイで、ちょっと疲れたなぁ・・・帰って飲も。

久しぶりの田舎行きで感じたこと・・・2013年05月06日 23時59分59秒

先日、山奥の親戚の家に遊びに行ったときのこと。

近くの村の共同浴場の帰り、空を見上げると満天の星。ああ、星だ・・・と思ったとき、ふと目に付いた、逆ひしゃくの形に並んだ七つの星・・・あれ、あれって北斗七星?!

昔はもっと小さくみえたけどなあ。それにしても最近は、晴れた日でも、街中ではほとんど星を見ることが出来なくなったのは、別に天男?(天文好き男子)ではないけど、寂しい限り。

で、共同浴場の近くのスーパーに、風呂上りのビールのつまみを買いに入った。あれこれ見ていたら、揚げ物売り場に、こげ茶色の物体・・・あれ、あれって鶏の足の煮付け?

子供のころにはよく食べたけどなあ。それにしても最近は、グロテスクな見かけのせいか、街中で見かけることが出来なくなったのは、別にグルメ気取りで言うわけではないけど、寂しい限り。

たまには田舎に行って視覚、味覚、その他の感性、磨かないといけないなぁ・・・・・。