あけましておめでとうございます2017年01月02日 23時59分59秒

2017年が世界にとっていい年でありますように・・・

ハグに関する考察・・・2016年12月29日 23時23分23秒

<活動終了>
日時・・・12月25(日) 18時~BBU忘年会inARK
バンド・・BBUメンバーおよび関係者など 
メンバーやお客様と今年一年の活動をねぎらいあいました。

日時・・・12月24(土) 12時~南小倉市民センター慰労会
バンド・・J1梶原とキャバレーサウンドメーカーズ(単独) 
大勢のお客様に昭和レトロの歌謡曲やジャズを楽しんで頂きました。

日時・・・12月17(土) 13時~清水市民センタークリスマス会
バンド・・J1梶原とキャバレーサウンドメーカーズ(単独) 
大勢の方にクリスマス気分を味わっていただきました。子供たちにはトランペット、トロンボーンの試奏で楽しんでもらいました。

日時・・・12月15(木) 11時~三郎丸市民センター昼食会
バンド・・J1梶原とキャバレーサウンドメーカーズ(単独) 
食事前のひと時、懐かしい昭和歌謡とクリスマスの曲を楽しんでいただきました。

日時・・・12月2日(金) 20時00分~門司港 Jazz inn 六曜館GIG ライブ 
バンド・・BBU(バックビートアップ) チャージ お問い合せ下さい
今回から金曜日の定期ライブということでしたが、月曜日のおなじみ様にも来店していただき、賑やかなステージを楽しんでいただきました。

日時・・・11月27日(日) 14時00分~風の杜第2回ライブ
バンド・・BBU(バックビートアップ) チケット¥3000
朝から降り続いた雨も止んで、多くのお客様がBBUとジェリーンの演奏を楽しんでくださいました。終了後おいしいケーキで打ち上げをしました。風の杜のマスター、大変お世話になりました!

日時・・・11月20(日) 16時~九州工業大学祭参加
バンド・・Paul Hagimoto's Large Jazz Emsemble 
大勢の若い人たちに混ざってエネルギーを頂きました。

************************************************
やっていいのか、悪いのか・・・

とある公共の場所で、以前いっしょにやったことのある若い女性バンドマンと久しぶりに出会った。「あ、お久しぶりです、ご無沙汰してま~す」と、女性が握手を求めるしぐさ。

それに対して、女性が握手をするタイミングより早く、さっと近づいて、「お久しぶり~!」と、ハグ。それからひとこと、ふたこと、言葉を交わして、「今度またいっしょにやろうね」。

その後、ふと考えた。ステージで今やっている自己紹介は、「自称SSKK46です、Sシミ、Sシワ、K口臭、K加齢臭、四六時中、で~す」・・・、ヤバい、やっちゃったか・・・(汗)。

ハグがそんなに異常行動だとは思わない、が、Sシミ、Sシワ、K口臭、K加齢臭、四六時中、のおじいさんがおかまいなく、は、アウトか。相手の女性がどう感じたか、確かめようもないが・・・。

そこで今回の教訓、
「アイハブ ア 口臭、アイテは タイヘン、ンー・・・口臭+タイヘン+タイヘン+口臭」

叱られたり、褒められたり・・・2016年12月26日 23時23分23秒

久しぶりに叱られた・・・!

ある演奏の場でのこと。先に日本舞踊の二人がステージで踊っていて、控え室でその二人の先生といっしょに出番待ち。で、口慣らしにプーッと小さな音を出した。そのとたん、「シーッ!」と、叱咤の声が。

もちろん、ステージや客席に聞こえない小さな音だったが、その先生には不謹慎な音に響いたようだ。「あ、すみません」。首をすくめてその場を離れて・・・「やっちゃった、でも叱られるって、いつぶりだろう?」

久しぶりに褒められた・・・?

ある演奏の場でのこと。初めて演奏するイベントなので、事前に「時間帯は?、お客様の年齢層は?、男女比は?」などなど、しつこいぐらい打ち合わせ。すると、イベントの担当者は(・・・大丈夫?)

その当日、前の演者が15分も早く終わってしまうハプニングが発生。そこで、予備の曲としゃべりとで時間を埋めて、イベントに穴は空かず。するとその担当者が来て「最高の芸人だ!」・・・「やれやれ褒められるって、いつぶりだろう・・・って、あれ、あたしゃ芸人だったっけ」

叱られたり褒められたり、どちらにしても、今年もいよいよ残りわずか、なんとかこのまま、平安無事で終わりますように・・・。

酒のつまみにしようか、と思ったら・・・2014年11月06日 23時59分59秒

スーパーに買い物に行き、カミさんがレジで支払いをする間、出口近くをウロウロして待つ。すると、美味しそうなつまみのパックが並んでいる。

追加するにも、カミさんはもうレジで支払いを始めている。今からじゃ間に合わないか、いや急げば、と見たら、支払いを済ませてこちらへ来る。

残念。ま、いいか、今度来たときにでも、買うことにしよう。
「どうしたんね」、とカミさん。
「いや、美味そうなのが並んでいる、と思って」
「ほんと、最近のキャットフードって、贅沢にできてる」
「(キ、キャットフード?)、あ、ああ、ほんとそう」

人間の食べ物より値段は高いし、パッケージはシャレててるし、混ざり物が少なくて健康に気をつかってあるし、全くどうなってんだ、世の中。

(・・・とは言うものの、あわててレジに持って行かなくてよかった(汗)・・・)

お手玉より、ケンダマ・・・?2014年09月25日 22時00分00秒

結局台風は来なかったが、おかげで、頭に秋風が吹いていることが判明した。ので、何か頭にいいことはないかと考える。

そうだ、昔からの遊びで頭を使うのも、いいかも。ということで、100円ショップでお手玉を買って来て試してみることに。

二つならなんとかなる、と思ったところが、これが結構むずかしい。簡単に出来そうで、実のところ、まるっきりリズムがなってない。

と、運動神経の無さは尋常ではないカミさんが「私もやってみよう」と、まず、二つをリズムよくお手玉する。えっ・・・!

と思っていたら、今度は三つをポイポイと!以前お手玉をやるのを見た。が、てっきりあれは幻だ、と思っていた。

三つ玉の次は、片手で二つ玉を試したり。運動神経では絶対に負ける気のしないカミサンに遅れを取るという、この現実・・・。

しばらく抗ってみたが、あちこちに飛び回るお手玉を拾い疲れ、とうとうギブアップして、一言「、そうだ、ケンダマがいいかも・・・」

老人ホームで話が通じるってことは・・・2014年09月11日 23時59分59秒

老人ホームの慰問演奏の打合せに行った。

「どんな曲をやりましょうか」
「そうですねえ、やはり古い曲を。あ、リクエストがあったんですが」
「はい、どんなのでしょう」
「えーっと、アイゼンカツラ、って、言われたんですが、わかりますか?」
「ええ。曲のタイトルは、『旅の夜風』ですね、花も嵐も踏み越えて・・・」
「ああ、そうなんですか。それから、キイロイリボン、とかなんとか」
「あ、ジョン・ウェインの西部劇の映画ですね」
「はぁ、それから、カラタチニッキ、ですか」
「ええ、島倉千代子さんの曲です」
「あと、卒業、って言われたんですけど、そんなの、ありますか」
「ああ、『サウンド・オブ・サイレンス』、のことでしょうね」
「はぁ、そうなんですか。実は、話してても、さっぱり話が通じないんです」

最近は入居世代が広がって、上は90歳代から、下は60歳代まで、とか。打合せをしたのは、30代前半の若い男性、無理もないかなぁ。

・・・って、待てよ。じゃ、老人ホームで話が通じる自分って、いったい・・・・・。

孫の扱いに悩む・・・2014年09月08日 23時59分59秒

「下の方が38度5分の熱を出した」と、朝7時半に突然のヘルプ要請。喉の手術をして以来、ここしばらくはお呼びがかからなかったが。ということで、あわてて荷物を準備し、おっとり刀で孫の守りに出掛けた。

幸い、昼には38度5分の熱が、夕方には37度5分まで下がり、昼寝もせず元気。保育園でも名うてのキカン坊らしく、2歳半の女の子というのによくしゃべりよく動くので、逆に暴れ過ぎないようにするのに一苦労。

一方で、6歳の上の男の子は「内弁慶の外ねずみ」。帰宅後に公文に連れて行くにも、iPadを見たり、着替えを拒否したりと、グズグズと動かない。ということで、つい大声を上げ、最後には手を出してしまうことに。

マゴうかたなき孫に、七五三には「マゴにも衣装」と目じりを下げ、小憎らしい反抗にマゴマゴし、マゴころで対応せねばとマゴつく。やれやれ・・・。
ちなみに、「まごわやさしい」という言葉があるが、これは、

まめ
ごま
わかめ(海草)
やさい
さかな
しいたけ(キノコ類)
いも(根菜)

という、食生活改善の目安のための、食べ物の覚え方だと。な~んだ・・・。

この印籠が目に入らぬか~・・・2014年07月17日 23時59分59秒

地元の美術館に「北斎展」がやってきたので、これは行かねばなるまいと、土砂降りの雨の中、カミさんと二人で出掛けた。

1300円ということなので、カミさんと二人で2600円か、と受付に行くと「『年長者施設利用証』をご提示ください」とある。

そうそう、これで幾分は、特別展だから全額とはいかなくても、半額ぐらいにはなるんじゃないか、と、ひそかに期待して来たんだった。

ということで、財布から利用証カードを出して「はい」と見せると、「はい、けっこうです、どうぞ」。え、どうぞって、全額どうぞ?!

受付の人がニコニコして言うから、間違いなく全額どうぞ、だ、ラッキー!カミさんの分だけ支払って、ウキウキ気分で中に入る。

ふと思う、「この印籠が目に入らぬか~」と、与えられた権力を振り回す(?)のは、ひょっとして、こんな気分かな?・・・違うな・・・。

明日天気に~どころか・・2014年07月07日 23時59分59秒

大きな台風が近づいている。明日天気にな~れ、どころではなくなった。
大雨体験は幼稚園のころの思い出だが、台風の経験の記憶は、大人になってからのほうが強い。

ボロ借家の塀が倒れた時は、家の中が丸見えになって通行人がのぞき放題。台風が去ったあと、材木屋で廃材を安く分けてもらい、塀を作り、臭いを我慢しながら夫婦でクレオソートを塗った。

風の強い台風の時は、縁側のガラス戸が反り返って、ガラスがパリーン!と割れそうだったので、風が収まるまで必死で押さえていたが、そのときの情け無い気持ちといったら。

雨漏りの恐怖?も忘れられない。雨が激しくなるにつれ、天井裏のどこかでポタ、ポタ、と音がし始め、次第に音の間隔が短くなる。「どこ、どこ?」と言っている間に、壁にシミが広がる。

それでも、ニュースになるような被害ではなかったのでまあよかった、とも言える。さて、今度の台風に備えて、カミさんの一番大切なものでも買い溜めしておくとするか。もちろん、食料だが。

練習不足ヲ反省セネバ・・・2014年06月30日 23時59分59秒

久しぶりのショクナイに出掛けた。6時20分出発し、8時半から現地でのリハが3時間。そのあとの本番は2時間半のステージが、昼と夜の2回で、全てが終わったのは、夜9時、11時やっと帰宅。

で、つくづく練習不足を痛感。体力のスタミナに加え、精神的なスタミナ。最終ステージでは、照明の熱で集中力が無くなり、カンバンのバンドいじりにも羞恥心が無くなり、演奏待ちの間には眠たくなり。

もう一つ、トロンボーンは移動ド感覚(調性に合わせてドレミを認識すること)がないと、スライドポジションがあやふやになってしまう。♯5つの長調でD♯は階名のミ(三度)、とか。その反応が鈍い。

無事に演奏はこなしたが、帰る道すがら考えた。そういえばここ最近、楽譜を演奏することに追われて、教則本を開いていないなあ。ということで、本日の教訓・・・。

『ドーは「どうなってんの?」のド、レーは「レレレ?」のレー・・・』