バンドマンの為の国語辞典(う)2017年05月22日 23時59分

ういういしい【初々しい】
バンド専属の歌手が、入った当初だけに見せた一瞬のきらめき。

うおうさおう【右往左往】
「え?今日ベース休み?、聞いとらんぞ!今日は歌謡ショウだから、すぐ、タイバンの ベースに頼んで・・・なに、休みで、ギターが代りに弾いてる?じゃいいや、そいつで。 はぁ、楽譜全然読めん?・・あ、この間遊びに来たアマチュアのベース、あいつの連絡先、 誰か知らん?え、実家に帰ってる?、どこ?、沖縄?、間に合うかバカ!・・・あ、3番のボントロ、昔ベース弾いてたって言ってたな・・え、左利き? じゃ、急いで弦を張り替えろ・・・・ああ、面倒くせ~」「おはよう ごさいま~す」「アレ、お前、今日休みじゃないの!?」「え?休むの、タイバンのベース ですよ・・あ、俺のベース触ってる!みんな、なに右往左往してんの???」

うおごころあればみずごころ【魚心あれば水心】
「店が終わったら寿司喰いに行こうか」「わーうれしい」、という場面で渦巻いている、客とホステスの欲望ゲーム。

うきあしだつ【浮き足立つ】
リハーサルでビッグタレントにひと文句言われたバンドマンの様子。

うきくさかぎょう【浮き草稼業】
「あんた、このキャバレーの前どこにいたの?」「えーっと、どこだっけ?なんせ、この店で15店目なんで」

うごめく【蠢く】
メジャーなバンドマンから見たマイナーなバンドマンの様子。

うさんくさい【胡散臭い】
「雇ってもらえさえすれば、リョーキューはスイヤーでいいです」、と言うようなバンドマン。

うしろめたい【後ろめたい】
ステージで吹きまねをしている新米バンドマンのような、気恥ずかしい感情。口パクが当たり前になった現芸能界では死語。

うそはっぴゃく【嘘八百】
昔、人間が生涯でつくと言われた嘘の数。現代社会で生きていくにはこれではとても足りない。

うぬぼれ【自惚れ】
実力がないのに自分は上手いと思うこと。実力がなくても楽器が続けられるバンドマンにとってありがたい感性。

うやむや【有耶無耶】
はっきりさせないこと。日和見(ひよりみ)バンドマンにとって大切な生活信条。音楽用語では「フェイドアウト」。

うろこ【鱗】
人間の目に付いている小片。納得のいく説明を聞くとポロポロ落ちる性質を持つ。

バンドマン用語テスト2017年05月04日 23時59分

<バンドマン用語テスト>

次の文章はキャバレーバンドマンの日記の抜粋です。パソコンの誤変換部分及びバンドマン用語を正しい表現に直しかつその意味を述べなさい。

<問題>
今日は4時からゲージューぐらいの塩化歌手のリハ。G間ルイワーの多雨の蛇真似がいろいろ注文をつけるので、ちょっとイラッときた。
「鈍場さん、よろしくお願いします。
まず、最初の曲はトオリです、ツーコーラス目は淫すとになってます。2曲目の前にカンバンの笑む詩は要ります。
2曲目は途中から賛同絵に店長してます。サビはサックスソリです、欲は盛るようにお願いします。
3曲目は六区町、なのでキメは悪銭と、で。
4曲目はスロー、ケツの部分の反らし度は利たる団度で。
5曲目、イントロの度味噌の和音は近刊し縦走みたいな分岐で。アドリブの後はドア魂に戻ってください。
最後の曲は、騒乱武士を産婆のリズムにしてあります、太古さんよろしく。怨霊を大き目で、音楽は他の子音だ、みたいに。以上です、よろしくお願いしま~す」
と、こんな具合だった。リハはイヤだがシーメーが出たので、まあいいとしよう。

(模範解答例は次回で)

************************************************
<活動予定>
日時・・・5月26日(金) 20時30分~定期ライブ
バンド・・BBU (バックビートアップ)  チャージ ¥2000
場所・・・Swing21 (北九州市小倉北区堺町1-9-22 北州観光ビル2F)
             TEL:093-513-2121
************************************************

久しぶりの衝動買い・・・2017年04月27日 21時45分

市内にある藤の名所に行ってみた。

藤の花の色と香を楽しんだあとの帰り道に、小さなリサイクルショップがあるのが目についた。時間もあるし、冷やかしでフラリと入ってみた。

なんか楽器でもあれば、と店内を見渡したら、奥の棚に5000円のギターがあるのが目に入った。と、その横には白いギター、値段は「2500円」。

ここで、モノの良し悪しよりまず値段、という悪いクセが出てしまった。2500円なら、いやもう少し安いなら、という安易な考えが頭をめぐる。

「これ、2000円になりません?」、「・・・消費税込み2300円、なら」、「でも、弦がダメだし」、「いえ、え?でも!いや・・・じゃあ、・・・2000円で」。

『やっぱり値切ってみるもんだ、うんうん』、という帰り道、ふと気付いた、『あれ、今日は藤見物だったのに、なんで白いギターを抱えて歩いているんだ?』

進化なのか、退化なのか・・・2017年04月20日 23時59分

先日あるライブハウスから話があった。演奏の依頼・・・というか、客が来た日にライブが入っていないとガッカリして帰ってしまう、なので、とにかく隙間なくバンドを入れておきたいのでどうですか、とのこと。

「お客様を呼べないですけど・・・」、「いや、かまいません、とにかくバンドが入っていることが大事、たまたま来た客が常連になることもあるので」、「それでいいなら、お願いします」、と話がまとまってきた。

ジャズを楽しむ年代が高齢化して、若い人のジャズ離れによるジャズの衰退が深刻化している、と感じるバンドマンは多い。しかし、どうしたら若い人を引き付けられるのか、それが大きな課題になっている。

それにしても、最近の若者の、自動車離れ、大衆娯楽離れ、酒離れ、さらには結婚願望離れなどには、もっと根本的な(人類の進化や退化にかかわる)問題があるのでは、と思ってしまうのは、大昔の若者の深読みのし過ぎ?・・・

楽譜の整理で悩む日々2017年04月13日 23時59分

しばらく休んでいるコンボバンドの楽譜を、久しぶりに整理した。百曲ちょっとの数だが、それをどう整理するか、整理するたびに性懲りもなく悩む。

A.出来た曲順にナンバーを振る
利点→追加の曲は次々に最終ページに加えればいい
欠点→目当ての曲がどこにあるか捜しづらい
対策→曲リストを作る
再欠点→追加ごとにリストの作り変え必要、文字が小さく見づらい

B.アルファベット順に並べる
利点→曲のタイトルでどこらへんのページにあるかわかる
欠点→追加で発生する曲のナンバーをどうするか
対策→ナンバーの間に0.5として、または10置きの間に5などと入れる
再欠点→ナンバーがわかりづらくなる

C.iPadに入れて管理する
利点→A、Bの問題点が解決できる
欠点→値段的にメンバー全員分をそろえるのは無理
対策→安いiPadを探すか、安くなるまで待つ
再欠点→生きている間に実現できるか不明

結局、アルファベット順に並べ、追加は最終ページに継ぎ足していという、折衷案、というか中途半端案というか、にした。

それにしても、IT技術が進歩しているとはいうものの、貧乏バンドマンに恩恵が及ぶのは無理・・・生きてる間には、だろうな~。

俳句三昧もそろそろ・・・2017年04月10日 11時45分

4月と言うことで春の句を作ろうとするが、一日十句が、一日五句になり、一日一句になり、ついにランダム日ランダム句、になった。そろそろここらが潮時か・・・

▽二度寝して思い出せない春の夢
▼酒のない花見もありき城の土手
▽花疲れ暗き居間にて安夕餉
▼屋根を見る猫の仔がいる妻を呼ぶ
▽ネギ坊主古き畑に二三本
▼老婆二人腰曲げ拝む花祭
▽人の居ぬ草辺に一人遠足児
▼孫の手と風船の手と繋ぎ替え
▽ジャスト五時挙動不審の新社員
▼双眼鏡捜す間に消ゆ春の鳥
▽下の子はおたまじゃくしをこわがらず
▼あれなのか空のゴミほど雲雀笛
▽迷い蝶排ガスの中消えにけり
▼朝一番まず確かめる四月馬鹿
▽ずる休みしたし友居ぬ遠足日
▼車越し中国なじる黄砂かな
▽ほろ酔うて車で寝たき春の夕
▼風待たず駆ける子の手に風車
▽春風を吸って膨らむラッパ吹き
▼茶はどこに新入社員の朝八時
▽ヤドカリを引っ張り出す子潮ぬるむ
▼泣く子抱き火渡りするや母の春
▽干からびたおたまじゃくしの水たまり
▼クイクイと一心不乱しおまねき

春のカミさん語録2017年04月06日 23時59分

「春眠暁を覚えず」の時期だが、ときおり、眠気を覚ましてくれるカミさん語録が聞こえてくる・・・。

カミさん語録その1.
夫婦で会話をしている最中、カミさんが一言、、「いかん、自分の話で眠たくなってきた」

カミさん語録その2.
テレビでナスカの地上絵の番組があった。あの巨大な数々の絵の目的は何か?水を求めるおまじないか、道しるべか、宇宙との交信か。するとカミさんが一言、「暇つぶしじゃない?」

カミさん語録その3.
包丁を紹介するテレビの通販番組で、「こんな硬いカボチャも、スパッとこの通り」。それを見たカミさんが、「あれ、柔らかい種類のカボチャよ」

カミさん語録その4.
テレビで、あるプロ野球選手があと35本で2000本安打に達する、という話題が。するとカミさん、「35億やね、ブルゾンちえみだったら」

春眠でボーッとした頭にはいい刺激・・・?

人生最後(?)の楽器・・・2017年03月23日 21時50分

前回の続きで、楽器を見に行った。

アメリカ製のトロンボーンと、日本製のトロンボーン、どちらも音もよく、スライドも良好。ただ、こちらの経済状況からすると宇宙の果てにある値段だったので、いさぎよく諦めた。

人生最初に吹いたのは日管、その後「オパール」という謎のメーカー、火事焼けの「オールズ」、キング3Bゴールドプレート、バック16、キング3Bシルバー、フリューガボーン、などなど。

もうそろそろ、人生最後の楽器を手に入れて「これで最後!」と言ってみたいもの。だが、あちこち回って試奏したり、懐具合と相談したり、という、気力、体力、財力にそろそろ限界が。

もちろん、今の楽器でもいいけど、「楽器と畳は新しい方が・・・」という格言もある(?)し、気力、体力があるうちに、なんとかして財力を・・・よし、明日宝くじを買いに行く・・・か。

熊さんのトロンボーンレッスン・バンド用語2017年03月06日 21時21分

【 熊さんのトロンボーンレッスン - バンド用語 - 】
熊)大家さん、どうなってんだ、この国は。変な外国語ばっかりが幅をきかせて。
大)おや熊さん、えらくご立腹の様子だが、外国語がどうしたって?
熊)なにね、こないだ頼まれて行ったバンドで話してる外国語が、意味不明でさっぱり分からねえんだ。
大)ほう、たとえば。
熊)たとえば、「熊さん、ここの八分音符はイーブンで」、って、イーブンって、引き分けって意味だろ。音符をどうやって引きわけにするんだ。
大)そういうことか。あのね熊さん、イーブンというのはスイングの曲の中でも、そこだけはスイングをしないで同じ長さで、ってバンド用語なんだ。
熊)へー、じゃ、「次の曲、ベタでやって」とか、「コーダコーダで」ってのは?
大)ベタってのはリピートしない、1カッコのあとすぐ2カッコ、という具合にベタッとやる、という日本語だ、コーダコーダは、toコーダマークから中を飛ばしてすぐコーダに飛ぶ、ってことだ。
熊)なんだ、そんなことか。「最後は全員チータで」ってのは、チーターみたいにぶっ飛ばして演奏する、だろ、そうしたけど。
大)違うよ、反対言葉のバンド用語で、チータ=立ち、つまり全員立ってハデに演奏する、だ。
熊)ふーん。ところで、練習が終って「熊さん、ケサ、どうです?」ってえから、「今朝も元気だ、文句があるか!」って言ってやったけど、あれは。
大)おやおや、ケーサーってのは、反対言葉で酒のことだ。たぶん「熊さん、お疲れ様、お酒でもおごりましょう」、ってお誘いだったんだろ。
熊)え~っ、そうだったのか、しまった~!そうだ、今から行ってこよう。
大)今ごろ後悔しても、ダメだ。
熊)どうして。
大)だって昔から言うだろ、「後悔、酒にたたず」

団塊の世代の自覚は???2017年03月02日 23時59分

久しぶりに友人から電話があった。ネットオークションで買い物をするときの注意とか方法とかについて教えて、という話だったけど、話をするうち、「最近、体の具合が悪くて・・・」。

聞いてみると、全身の関節が悪くなって体の自由がきかない、医者に行っても原因不明で、普段の生活にも困ることが多い、楽器を持つのも苦労する、などなど大変な様子。

彼とは同じ年齢で、ブラスバンド、キャバレーバンドの経験なども同じ、ということで、他人事ではない。彼の語り口が明るいので、なんとなく救われるけど、自分なら耐え切れない、かも・・・。

団塊の世代と呼ばれる人々にも、そろそろ七十、の声が聞こえてくるころ。年齢とともに体力も衰えてくる、とは、わかっちゃいるけど、それを自覚しきれていないことを痛感した一日となった。