『空を見ろ、鳥だ、飛行機だ、いや、バンドマンだ!』2021年04月08日 10時45分45秒

<飛行機の思い出>

「なんでアメリカ?」
365日縛られて働く地方バンドマンだったせいもあって、初めて飛行機に乗ったのは三十代半ばを過ぎて。そのくせ、初の飛行機はいきなりロサンゼルス行きだった。

「遅いのが重なる」
カミさんの飛行機デビューはもっと遅くて、五十五歳のとき。「富士山観光ツアー」でのフライトだったが、初搭乗機が2時間遅延する、というおまけまで付いてきた。

「そういう使い方か」
対馬でのショクナイで乗ったのは、YS11というプロペラ機だったが、農作業のおじさんたちが、泥の付いた長靴で普通に乗り込んできたときには、飛行機の見方が変わった。

「チケット恐怖症に」
石垣島でのショクナイの帰りの空港で、さっきまであった搭乗チケットが無いのに気が付き、真っ青!探し回ったあげく、待合室の通路にゴミのように落ちているのを発見した。

「格安とはいえ・・・」
千葉の妹が死んだとき、葬儀、住居の整理、納骨と、一ヶ月の間に3回飛行機を利用したが、LCC航空のチケットは新幹線の価格よりはるかに安いことを、そのとき知った。

そこで本日の一言、
『空を見ろ、鳥だ、飛行機だ、いや、バンドマンだ!』
※知らない方のために・・・テレビ「スーパーマン」のイントロのナレーション

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック