『♪貼るの イライラの 隅だ側 』2021年04月02日 12時35分35秒

<フロント奏者の憂鬱>

管楽器奏者は、フルバンドの場合は座って演奏するが、コンボの場合は、ステージの最前列にいるので、ほとんど立って演奏する。

立って演奏したほうが呼吸もしやすいし、もちろん、パフォーマンス的にも、見映えがする。ただ、歳をとってくると、少し事情が違ってくる。

ワンステージが1時間近くだと、ツーステージの場合は2時間立ったまま、ということになる。最近、これがけっこう辛くなってきた。

演奏しているときは”演奏ハイ”のせいで感じないが、次の日ぐらいに腰にダルさを感じ、数日経つと、次第に痛みに変わってくる。

ただ、以前の元キャバレーバンドマンのバンドではイスを使っている人もいたが、さすがに客席からは、疲れているように見えてしまう。

ということで、もうしばらくは立って演奏することにしよう。帰って、隅のほうがくっ付くのをイライラしながら、湿布を貼るのを楽しみに・・・。

そこで本日の一言、
『♪貼るの イライラの 隅だ側 』