短編SF{2021年のライブハウス}2020年08月03日 22時00分00秒


「あれ、こんなところにライブハウスあったっけ。ちょっと入ってみるか。入り口がここで、ここが受付か、あの、すみません」
「はい、いらっしゃい、お一人ですか」
「ええ、一人ですけど」
「じゃ、書類を作るからそこに掛けて・・・ズボッと立ってないで座って」
「え、書類を作るって、ライブを聴くのに?」
「当然でしょ。マイナンバーカードは?持ってない、じゃまず名前、ふんふん、それから住所、生年月日、連絡先、家族構成」
「ちょっと待ってくださいよ、そんなのまで要るんですか」
「当たり前でしょ、それからどうやってこの店を知ったか、『SNS・ユーチューブ・友人の紹介・通りがかり』のうち、通りがかり、ね、危険度4、と」
「危険度4ってなんなんすか!?」
「はいはい・・じゃ、このファイルを持って奥の部屋で健康診断を受けて戻って来て」
「健康診断?!どうなってんだ・・・はい、行って来ましたよ、次は!」
「何をカリカリしてるの。診断結果、それと、あなたの好みのジャンルはっと・・・じゃ、右の567番の部屋に入って」
「どうなってんだ、このライブハウス。えーっと567番の部屋って、ここか。あれ、客がバラバラに離れてる、人気がないのか。バンドの名前は、”アボイド・スリー”?、あれバンドのメンバーもステージでバラバラだ。だめだこりゃ・・・ちょっと受付の人、どうなってんの、このライブハウス!」
「あ、お客さん、楽しんで頂いたようですね」
「え、どこが楽しいの!バンドはステージでバラバラだし」
「あれ、分かってないな、バンドの名前の”アボイド・スリー”のとおりでしょ、つまり三つ(密)を避けてるんですよ」
「なにそれ?」
「それに個人情報の提供、通りがかりだから身元不明で危険度1から5のうちの4、健康診断提出、客と客の間隔は広い、全部揃ってるでしょ」
「だから、なんなの」
「え、お客さん、店の看板見てないの、ほらよく見て」
客が看板をよく見ると、そこに書いてあったのは・・・
『日本政府公認コロナ完全対応・ライブハウス567』

都々逸亭凡太郎の「都々逸寄席」2020年08月06日 12時10分10秒


えー、都々逸で一席ご機嫌をうかがいます、都々逸亭凡太郎と申します。
どどいつ、と言っても今のお若い方はご存知がないかもしれません。江戸時代から伝わる、七七七五調の言葉に節を付けて、人生の機微、男女の有り様をご披露するというもので、たとえば・・・
『♪:三千世界の 鴉を殺し ぬしと朝寝が してみたい』
これは高杉晋作の作とも言われております、落語『三枚起請』にも出てまいりますが・・・。本日はキャバレーバンドマンをテーマに都々逸をお送りしたいと思います、では、ご陽気にまいりましょう~♪

ライブハウスでのお客の様子、これが本音かも・・・
『♪:じっと目を閉じ 聴き入るプレイ ホントは耳まで 閉じたいの』

演奏者の腕前によっては、こういうこともあるようで・・・
『♪:ダンスのステップ 踏み踏み客は こっそり出口に 向かってる』

ライブハウスの経営というのも大変で・・・
『♪:ライブハウスは 珈琲の香り 煎り(入り)の具合が 気にかかる』

バンドマンは楽しくもつらい仕事、蓄えもなし、年金もなし・・・
『♪:古希を過ぎたら プレイが燃える 燃えるはずだよ 先が無い』
実はこれは『歳をとっても 浮気はやまぬ やまぬはずだよ 先がない』という先人の作の盗作でして。

ボーヤというのは無給の見習いのことですが、バンマスに言われたのは・・・
『♪:「ふいてこいよ」に 喜び行けば トイレで雑巾 渡された』

ホステスさんとの恋愛関係禁止の店が多いですが・・・
『♪:美人で可憐で 優しいけれど その気になれない ニューハーフ』

バンマスと平バンドマンの関係というは難しいもので・・・
『♪:演奏ミスでも なんにも言わぬ 今日のバンマスの 気味悪さ』

バンドマンたるもの、金は無くても腕さえあれば・・・
『♪:クジも当らず 出世もないが 楽器で生きれる 運の良さ』

ということで、都々逸亭凡太郎の一席、本日はこれまでといたします、ありがとうございました~♪

夏目漱石「草枕」の指し示すもの2020年08月10日 14時30分30秒


智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。(夏目漱石「草枕」)

「智に働けば角が立つ」
テレビの中では移動に関する対応について意見の違い、賛否論がかまびすしいが、理屈に対しては理屈を、では収まるものも収まらない。

「情に棹させば流される」
かといって「お盆」とか「帰省」という言葉に心が緩んでしまって、無警戒では、今までの努力が水の泡になってしまう、ということもあるし。

「意地を通せば窮屈だ」
どちらの考え方が正しいかだけを議論して、相手の意見を認めず自分の主張を曲げなければ、世間は閉鎖的に縮まっていく。

それをまとめ、進むべき道を示す、そんなリーダーが居ない?となると、まったくこの世は住みにくいったりゃありゃしない!

と、漱石翁はおっしゃっている・・・のかも?

そもそもお盆って?2020年08月13日 14時14分14秒


お盆の入りの今日、自分の地域のお盆の食べ物や風習を思い出してみた。

1.「たらんおさ」
「たらおさ」とも言うが、自分の地域では「たらんおさ」と呼んでいる。魚のたらの胃で、干からびたエイリアン、といったグロテスクな形状(写真)。それを水で戻し甘辛く煮て食べる。煮るときにけっこうな臭いがする。お盆にこれをつまみに酒を飲むのが最高。

2.迎えだご、送りだご
だごはだんごのこと。お盆のお供えで、先祖を迎えるときに丸い形、送るときにはひねった形、をお供えする。味付けは砂糖だったり、黄な粉だったり。

3.子供の盆提灯行列
お盆の夜、地域の子供が浴衣姿で集まり、手に手に小さい提灯を持って、「ぼ~んのちょうちん、とおぼれた~」と言いながら、地域内を巡った。(とうぼれた=灯ぼれた)。もちろん灯りは電池ではなく、本物のロウソク。

4.盆踊り
母方の里では、村人が軽トラックの荷台に乗ってその年に亡くなった人の家々を回り、家の庭先で盆踊りを踊って供養した。盆踊りの文句は「♪やぶれべこからキンが出た~、キンが出たならはよ隠せ~」など、けっこうエロ可愛いものが多かった。

今年のお盆、帰省を控えるようとか、せめてお盆ぐらいはとかの話題はあるが、お盆そのものについては、若い人はどう認識しているのだろうか。「なんか知らんけど、公けに休みがもらえる日」、ぐらいか・・・。

お盆も過ぎて気分一新2020年08月17日 11時40分40秒


今年のお盆に感じたこと・・・

<ご馳走は一人で食うもんじゃない>
お盆のご馳走の「たらんおさ」を、カミさんが作ってくれた。旨かった。が、子供や孫が来ない今年、皿いっぱいのご馳走を一人で食べるという虚しさ、がこみ上げてきた。

<子供の声は宝物>
この時期、去年なら夏休みの後半戦なのに、今年は今日が2学期の始業式、という学校も多いらしい。近所にも子供の声がない寂しい盆明け。宿題も、遊びも、夏休みは子供にとってかけがえのない宝物の日々なんだが。

<セミよ心あるならば>
寝苦しい夜が続き睡眠不足。コロナの後遺症でセミの鳴き声で気分が悪くなる、という人もいるらしい。セミの心遣いか、暑さのせいか、今年はセミの声が少ないような。なんにしろ昼寝ぐらいゆっくりさせてくれ~。

<さあ気分一新>
帰省警察とかの話もあり、人口二千数百人の村にあるお寺なので、今年は人のいない8月3日に早々にお盆参りを済ませた。お盆も過ぎて一区切りはついた、さあ、今日から普段どおりの、だらしな~い!?生活にもどらねば。

灼熱時代のSF小説・2題2020年08月20日 12時15分15秒

【 酷暑日の先は? 】
25度以上を夏日、30度以上を真夏日、35度以上を猛暑日、その上は規定はないが酷暑日とでも言おうか、ではその先は・・・

「次の方、そこへお座りください。えっと、今日は何の申し込みですか」
「あの~、日陰を歩く権利、の申し込みですが」
「ハイハイ、『日陰歩行権』ね、一人?お子様2人も込みで?申込書類はこれね、はい、しばらくお待ちください・・・えっと、手続き完了しました、この『日陰歩行権』の札を必ず首から下げて日陰を歩くように。ご存知でしょうが、これを使えるのは40度以上の酷暑日、それと国と提携した建物や電柱の日陰だけ。私有ビルなどの日陰は有料ですから注意して。そうそう、今日は50度以上の”残酷暑日”ですから、帰り道は気を付けて。・・・はい、次の方・・・」

【 ある日の海水浴 】
「パパ、どっか連れてって、ねえってば」
「分かったよ、じゃ海はどうだ」
「わー、海、いいな。じゃ、隣の部屋で水着に着替えて待ってるよ」
「さあ、このゴーグル付けて・・・どうだ、海は広いだろう」
「わーホントだ、それに水って冷たいんだね、あ、この水しょっぱい!」
「海ってそんなもんだよ。太陽の具合いはどうだ?」
「”暑い”って、こんなことなんだね、おもしろ~い!」
しばらく遊んでいると、ママが声をかけた。
「今日はなに?海水浴?もういいでしょ。海水代や太陽代、かかるし」
「わかったよママ。でも、せめて気分だけでも、と思ってな」
「そうね、あたしたちの頃は、本物の海で遊べたのにね」
「しょうがないよ、地球の平均気温が50度になって、海が干からびて、残った海も、高塩分濃度の熱水だし。なにしろ今は、空調のある建物からの外出は危険で、国から禁止されてる時代だからなぁ」
そう言うとパパは、疑似太陽光源機や、疑似海水製造機の設置された部屋で、ゴーグルを外した。もちろんゴーグルとは、水中用ゴーグルではなく、バーチャル体験用のゴーグル。

アドリブ奏者のための四字熟語(ア行~タ行)2020年08月24日 11時30分30秒


【 一進一退 】
アドリブの途中でコード進行が分からなくなり堂々巡りをしている演奏の様子。
【 右往左往 】
アドリブの進行やエンディングの処理が出来なくなった奏者のとりがちな行動。
【 器用貧乏 】
理論的でスマートだがちっとも面白くないアドリブをする奏者を表す言葉。
【 厚顔無恥 】
これからアドリブを学ぶ者にとって不可欠な精神的要素。
【 孤立無援 】
人付き合いの悪い奏者がアドリブ途中で行方不明になったときの状態。
【 三寒四温 】
七回やって三回は出来の悪いアドリブをする奏者に対する周りの反応。
【 自給自足・四苦八苦・試行錯誤 】
個性的なアドリブを獲得するための三要素。
【 順風満帆 】
魅力的だったアドリブがつまらなくなるきっかけをつくる状況の一つ。
【 心機一転 】
退屈なアドリブから抜け出せない奏者が唱える効力のない呪文。
【 泰然自若・大胆不敵・他力本願 】
アドリブをミスったときに奏者が取るべき三対応。
【 大量生産 】
メロディアスな流れでなく、とにかく多くの音を出すことを目的としたアドリブ。

アドリブ奏者のための四字熟語(タ行~ワ行)2020年08月27日 11時20分20秒


【 台風一過 】
ピアノの鍵盤を肘で叩いたり、あげくの果ては鍵盤の上を歩いたりするアドリブの後の、ごく普通のアドリブの様子。
【 単刀直入 】
「お前のアドリブ、おもろない!」
【 魑魅魍魎 】
キャバレーバンドマン世界に棲むアドリブの達人と噂される人々。
【 朝令暮改 】
「そんなアドリブがあるもんか!え、昨日と言うことが違う?アドリブって、そんなもんよ!」
【 東奔西走 】
ネットどころか、mp3も、CDもなく、あるのは高価なレコードだけの時代のアドリブ奏者が音源を求めている様子。
【 内政干渉 】
流儀の違うアドリブ奏者同士があれこれ言い合うこと。
【 二百十日 】
バンドに入った新人が遠慮なく嵐のようなアドリブができるようにまでの日数。
【 薄利多売 】
難しいアドリブを短くやるより安易なアドリブをたくさんやるほうが客が喜ぶ、という考え方。
【 不可思議・複雑怪奇 】
他人はどうであれ本人は良いと思っているアドリブ。
【 平穏無事・平々凡々 】
アドリブ奏者が堕落していく二大要素。
【 本末転倒 】
理論書を読むことこそがアドリブが出来るようになる根元であると考えること。
【 無間地獄 】
ムケンともムゲンとも。コード進行が分からなくなり、終わりのきっかけがつかめず、延々とアドリブを演奏し続ける様子。
【 孟母三遷 】
休憩時間に、一つ目のバンドは酒三昧、二つ目のバンドは博打まみれ、三つ目のボーッとテレビを見るバンドに入り落ち着くこと。
【 和洋折衷 】
1.日本人が西洋かぶれした髪型や服装や態度でアドリブをすること。

ライブステージ裏の三つの秘密・・・2020年08月31日 17時10分10秒


<ステージのMCの役目>
(曲紹介、気分転換、メンバーの休憩)
曲の由来を紹介し、雰囲気を変え、メンバーにちょっとの間の休息を与える。バンドによっては、曲続き(合間を入れない)ばかりだったり、逆にステージの半分がベシャリだったりと、そのバンドの個性が出る要素でもある。

<ステージでやらない話>
(政治、宗教、プロ野球)
「さわらぬ神に祟りなし」で、どこに敵・味方(?)がいるか分からない。もっとも、博多でショクナイをやったときは、バンドのメンバー全員が「昨日のあのプレーは」とか、「あのホームランが」とか、あるチームの話で持ちきりだったが。

<ステージの合間>
(暇、手持ち無沙汰、孤立)
今風のバンドマンは客席に入って客と話したり、酒を飲んだりするが、昔風のバンドマンはそれが出来ない。気恥ずかしい、話題がない、というのもあるが、そもそも、キャバレー時代には客との交流という風習がなかった。なので、固定客も付かないし、休憩時間も一人寂しく過ごす者が多い。

など、華やかなステージの裏に、華やかでない部分もある、ようだ・・・。