タイ・ギ・シン?2018年05月24日 11時11分11秒


さる感銘的な演奏会を聴きにいって感じたこと。

よく相撲道などで使われる言葉で「心技体」というのがある。しかし、これは到達した後で言える言葉で、その道のりは「体・技・心」だ、という感想。

まず体力をつける、次に技を磨く、そうした研鑽の結果心が宿る、つまり「体・技・心」。「心技体」の順番は、シンギタイ、という言葉のリズムからと思う。

その演奏会の奏者に感じたのは、体=スタミナ(2時間のステージの)、技=テクニック(客を喜ばす)、そして心=フィーリング(個性的な感性)。

ということで、古希後に「スタミナもテクニックも無いが、ハートだけは!」、という自己満足的な老ジャズマンにならないためにも、まだまだ「タイギシン」・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック