ボントロ女子の悩み相談-なにぃ、コードって高度だって?2018年02月14日 16時00分00秒

生徒:ねぇ先生、楽譜に7センチメートルって書いてあったけど、7センチを、どうせえってえ指示なのかな?
先生:(センチメートル?!)それはCm7、シーマイナーセブンス、っていって、コードが書いてあるのね。
生徒:高度?標高何メートルとかの。
先生:(古いダジャレ~)コードって和音、音の重なりのこと。それについは「3ページでわかるコードの話」を読んでね。コードって高度、ってことじゃないから。
生徒:ふんふん・・・なるほどね。でも、なんでコードなの。音符を書いた方がよくわかるんじゃねえの。
先生:(ねえの?)コードの始まりはジャズ発祥のニューオリンズで、ジェリー・ロール・モートンって人が考え出したって言われてるわ。
生徒:ほー、で、なんでコードなん。
先生:そのころのバンドメンバーには、ほとんど楽譜が読めないって人が大勢いたの。
生徒:春風亭昇太みたいな人だ。
先生:何?
生徒:読めない、嫁無い。ハイ、座布団1枚~。
先生:(叱られるぞ)で、その人たちにメロディに合う和音を演奏して欲しい場合、いちいち音符を指定するより、ここはCのコード、ここはAmとかって指示したほうが手っ取り早いでしょ。
生徒:だったら「ドミソ」、とか「ラドミ」、でもいいんじゃない。
先生:ところがそうでもないの。例えば、基本のキーがF(へ長調)だとすると、「移動ド」で「ド・ミ・ソ」は、実音で示す「固定ド」では「F・A・C」なにっちゃう。それで、キーに関係なく和音の構成を示すコードが必要なわけね。
生徒:移動道、固定道?
先生:そのキーの主音をドと考えるのが「移動ド」、「かえるのうたが♪」は、キーが何にしろ「ドレミファミレド」、一方「固定ド」は、キーがCなら「CDEFEDC」、キーがFなら「FGAB♭AGF」、という考え方ね。
生徒:じゃコードは音の重なりだけを表すのね。
先生:ところがドッコイ。
生徒:(ドッコイ?)
先生:和音には役割があるの。階名の「ド・ミ・ソ」はトニックって言って安定感・終止感、「ファ・ラ・ド」はサブドミナントって途中感、「ソ・シ・レ」はドミナントって言って終りたい感、みたいなね。
生徒:役割ねぇ、して、ナンデソウナルノ?!
先生:(志村か!)導音の関係ね。特にドミナントの「ソ・シ・レ」にソから7番目のファを加えると、シはドに行きたがる、ファはミに行きたがる、結局ドミソになりたがる。そういう役割があるのね。このシとファを導音と言うの。
生徒:にゃるほどね。で、どうやったらコードを見ただけで音の重なりが分かるようになるの。
先生:まずはそのキーの音階の上に出来るコード、ダイアトニックコードって言うんだけど、少しずつでもそれを覚えることね。
生徒:たとえば?
先生:キーCだと、C、Dm、Em、F、Gm、Am、B。キーFだと、F、Gm、Am~、みたいにね。
生徒:ひぇ~、コードの征服ほど遠いな。
先生:まだまだ。それはほんの入り口で、代理コードとか、さらに音を重ねるテンションコードとか、曲が途中で転調する場合とか、「カッコイイ」が先で理論が後になる場合とか、ジャズのコードは奥が深いの。
生徒:ほ-ら、やっぱり、コードって高度、じゃん。金返せ~。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック