バンドマンの為の国語辞典(お)2017年06月08日 15時15分15秒

おいうち【追い討ち】
逃げて行く者対し、さらに仕掛けられる攻撃。例)妻と離婚、愛人に逃げられ、不況でバンドが解散、サラ金から逃げ回り、追い討ちをかけるように体が糖尿病に。

おうかくまく【横隔膜】
腹式呼吸を行う為の胸の下部にある筋肉。管楽器を演奏する上で重要な筋肉。焼肉屋で言うところのハラミ、サガリ。

おうじょうぎわがわるい【往生際が悪い】
本番直前まで舞台ソデで練習をしているソリストの状態。

おうせいふっこ【王政復古】
連敗中の巨人の監督に王貞治氏が就任するようなこと。

おうせ【逢瀬】
男女が人目を避けて密かに会うこと。逢い引き、 密会、忍び逢い、ランデブーなどと同じく、現代のネット社会においては死語。

おうせん【応戦】
妻の「もっと稼いで来い!」に対して夫が「おう!」と言い返すこと。

おうどう【王道】
元は正攻法、正統派の意味だったが、現在では「楽器の習得に王道なし」のように近道、安易な方法、の意味で使われる。

おおげさ【大袈裟】
グダグダになったパッケージショーの後のバンマスのひと言、「今日のショーの楽譜はアメリカのバンドでも絶対できんよ!」

おおごしょ【大御所】
バンドマンのなれの果ての呼び方。

おげれつ【お下劣】
指のすきまから見る物や状況。

おーけすとら【オーケストラ】
1)多人数の弦、管、打楽器奏者からなる、クラッシックやポップスを演奏する楽団。
2)ジャズのフルバンドやナインピースバンドが貫禄をつけるためにバンドの名前に付ける名称。

おごる【奢る】
無償で他人に食事などを提供すること。「奢る平家は久しからず」を口実に、バンドマンが他人からはやってもらいたいが自分でやるのは絶対イヤ、という 行為。※本来は「驕る」。

おしえる【教える】
せっかく習得した知識を他人に伝えるという、バンドマンがやらない行為。

おたまじゃくし
1)主に汁物を注ぎ分けるための長い柄の付いた食器具。お玉杓子。
2)形が似ていることから蛙の幼生、オタマジャクシ。「♪オタマジャクシは蛙の子、ナマズの孫ではないわいな~」と歌われる通り、魚類ではなく両生類。
3)オタマジャクシに形が似ていることから四分音符、転じて音符全般を指す音楽用語。アドリブの出来ない奏者が「コードでなくてオタマジャクシで書いてください」のように用いる。

おとこ【男】
人類のうちで女でない方。世界を支配する生き物。→女

おとのぼうりょく【音の暴力】
未熟な音楽家が自分が行使していることに自覚がないやっかいな暴力。

おぬし、なかなかやるな【お主、なかなかやるな】
自分の方が上手いと思っている人が発する他人への優越感に満ちた評価の言葉。

おめでた【御めでた】
めでたいこと全般を指す言葉だが、近年では妊娠発覚を指すことが多い。還暦の女性が「私、今度おめでたなんです」と言うと大いなる誤解を生じる恐れがある。

おまえひゃくまでわしゃくじゅくまで【お前百までわしゃ九十九まで】
結婚した時に一つ違いなら未来永劫一つ違いという数学理論。

おんど【音頭】
日本伝統のリズム、転じて弾み過ぎる間違ったスイング感のこと。

おんな【女】
人類のうちで男でない方。「世界を支配する男」を支配する生き物。→男

バンドマンの為の国語辞典(か)2017年06月12日 23時59分59秒

かいきょ【快挙】
勇気によって生み出された輝かしい行為。妻への初の口答え、次のバンドが決まる前のバンマスへの反抗、など。

かいきん【皆勤】
日本のバンドマンやサラリーマンの持つ悲しい性(さが)の現れ。

かいごろし【飼い殺し】
「あんたがいないとこのバンドやっていけないんだから、ネカアップもうちょっと待って」と言われ続けて10数年、のようなこと。

かいしゃくにん【介錯人】
バンマスの命令でバンドメンバーにクビを告げるジャーマネ(マネージャー)のような人。

かいてんずし【回転寿司】
寿司よりも客の回転をよくするための寿司屋の形態。

かえりうち【返り討ち】
バンドマンがジャーマネに給料アップの交渉に行き、逆に給料を下げられるようなこと。

かくうち【角打ち】
酒屋のカウンターで立ったまま酒を飲むスタイル。ステージの間の休憩時間が短いバンドマンに便利。立ち飲みにより早く酔え、開放感があり、酒もつまみも安いというチョー贅沢な飲み方。

かぜ【風邪】
ズル休みをする時、口実として最もポピュラーに使われる病名。どんな咳真似も、元気の無い声も、奥さんが代りに電話しても、「風邪で休む」というのは「ズル休みする」と言っていると、バンドでは解釈される。

かねのなるき【金のなる木】
日本銀行券がなる木。バンドマンの場合は欲のために苗木のうちに根こそぎ引っこ抜くので金がなるのを見たことがない。

かみだのみ【神頼み】
一時的に有神論者になるバチ当たりな状態。

がり【ガリ】
寿司屋で出てくるサービスの生姜の別称。寿司屋で他人に奢ったとき奢った本人が一番食べる食材。

かろうし【過労死】
バンドマンが勤務中に演奏のし過ぎや酒の飲み過ぎで死亡すること。

かわりもの【変わり者】
現代社会で自分は正常だと思っている人の全て。

かんどうした【感動した】
2001年大相撲夏場所の表彰式で某首相が発言したため一般の人が恥ずかしくて使えなくなってしまった言葉。

かんろく【貫禄】
ヒゲを生やしたり、太って腹が出たりして本来以上に自分を見せようとしているバンドマンの状態。

バンドマンの為の国語辞典(き)2017年06月15日 23時59分59秒

きあいいっぱつ【気合い一発】
物事をなすさいに気持ちを込めて一度限りの決意で集中すること。超ハイトーン、超速いパッセージなどを演奏するさいに有効。但し、それでうまくいったという話は聞かない。

きいろいこえ【黄色い声】
若い女性が応援などのさいに興奮状態で発する甲高く無貞操な声。煙草の煙に満ちたキャバレーやライブハウスには不似合いな声のため、バンドマンが永遠にあこがれる声。

きおくそうしつ【記憶喪失】
記憶を失って過去のことを思い出せないこと。朝帰りのときにする一番間の抜けた言い訳。「あんた、昨晩どこに行ってたのよ!」「そ、それが、 店の帰りに急に記憶喪失になって・・・」

きおくれ【気後れ】
いい女に出会った時に不覚にも起きる弱気な心。

きしょうてんけつ【起承転結】
起=で始まり、承=で展開し、転=で変化し、結=でまとまる、という日本人がブルース形式を好む要因のひとつ。

きたいはずれ【期待外れ】
あらかじめ思い描いた結果より悪いこと。人生に不幸を引き起こす原因のひとつ。初めから思い描かないバンドマンにとっては無縁の言葉。

きどあいらく【喜怒哀楽】
感情の基本的な四つの要素。これだけあればバンドマンには充分。

きどうしゅうせい【軌道修正】
今までの主義・主張を自分の都合で変更することの言い替え。自分だけリョーキュー(給料)が上がった日、「みんなそう言うけど、ジャーマネも 根っから悪い人じゃないと思うよ」

きみがわるい【気味が悪い】
「俺が悪い」というジャーマネのような状態。

きもったま【肝っ玉】
「体内三タマ」のひとつ。三タマとは「アタマ、目のタマ、肝っタマ」で、よく考え、よく見、度胸を据えて、という演奏するさいの重要な要素。

きょういく【教育】
「金貸してくれ?こないだ渡したスーバンは?車買うた!?昨日ネカビやろ?ナオンと飲み行って一晩でパー!?メンバーからも借金しまくり!?あんたの親、どないな教育したん」「親父の教育方針は、”借金出来るのは生きてる間だけやー”」

きようびんぼう【器用貧乏】
いろんな楽器を演奏できるがどれも中途半端、というようなこと。「器用なのに貧乏」ではなく「器用だから貧乏」ということ。

きらりとひかるものがある【キラリと光るものがある】
見込みの無い奏者に向って言うなぐさめの言葉。

きりきりまい【キリキリ舞い】
バンドマンが得意な舞いのひとつ。ほかに、テンテコ舞い、閉店仕舞い、大盤振る舞い、などがある。

きをてらう【奇をてらう】
正道に行き詰ったものが使う邪道の一つ。アドリブに行き詰まった奏者が苦し紛れによく使う。

きんけつびょう【金欠病】
バンドマンに多発する病気。症状は、視覚障害(先が見えない)、聴覚障害(聞く耳持たない)、言語障害( 「ヤバイ!」としか言えない)、感覚障害(何を言われても感じない)などで、未だに治療法が見つかっていない難病。

きんせんかんかくけつじょ【金銭感覚欠如】
バンドマンに多く見られるお金に関しての計算能力障害。特に引き算に顕著で「金は使っても減らない」という妄想にまで進む。

続けているけど・・・2017年06月19日 23時59分59秒

先日の酒の会の田植えイベントには大人50人、子供30人という、大所帯の参加者で、人手がありあまるほど。おずおずと田んぼに入った子供が「キャー!」「冷たい!」「転んだ!」と大騒ぎ。その後食事会。

子供は小学生20人に、幼児10人。これを取り仕切るのが一苦労。まず「駄菓子屋さん」、チケットを一人100円分用意して、それで好きな駄菓子を選ぶ。あと、水鉄砲を使って決闘大会、野球ノックゲームなど。

やりながら、ふと考えた。この会は20年続いているが、始めは子供を相手にしているおじさん、だったのが、今はまるで、孫を相手にしているおじいちゃん状態。そう考えると、急に侘しさ、寂しさの風が・・・・。

時代の変化と共に自分も変わっている。バンド活動も40数年続けているが、自分が変わっていることに気が付いているだろうか、そして、今やるべきことは何なのか、ふと真面目に考えてしまった・・・。

バンドマンの為の国語辞典(く)2017年06月29日 23時59分59秒

くあればらくあり【苦あれば楽あり】
「人生は苦しいことばかりではなく楽なこともある」という、苦ばかりの人生を送っている人への空虚な慰めの言葉。

くいあらためる【悔い改める】
過去の行いを反省して心を正すという、バンドマンには無縁の行為。

くいっぱぐれない【食いっぱぐれない】
バンドマンになった人が最初に立てるささやか且つ難しい目標。

くうそうへき【空想癖】
自分の演奏を聴いて客が陶酔している場面を想像するようなこと。

くうねるところにすむところ【食う寝る所に住む所】
落語「寿限無」の名前にも出て来る、バンドマンが人間らしく生きる為の最低のライフライン。

ぐさい【愚妻】
他人に妻を紹介する際に夫が使うセクハラ用語。←→「宿六」。

ぐさく【愚作】
取るに足りない曲、演奏、アドリブ、ステージでのMC、などバンドマンが作る創造物の数々。

くされえん【腐れ縁】
優柔不断により縁が切れずに長く付き合っている仲。バンマスとマネージャー、バンドマン夫婦、日米政府、のような関係。

くせもの【曲者】
一癖も二癖もあるような油断できない人。バンマスにとっての、腕はいいが考え方が偏っている、 いつも遅刻して来る、女癖が悪い、金にルーズ、のようなバンドマン。

くちはてる【朽ち果てる】
ほとんどのバンドマンが辿る、ジャズに開眼しないまま一生を終えるという悲哀に満ちた人生の道筋。

ぐでんぐでん【ぐでんぐでん】
初期の「ぐずぐず」、中期の「ぐだぐだ」の次の、末期の酔いの状態表す表現。バンドマンがステージで演奏出来るギリギリの状態。

くどい【くどい】
人に嫌がられるぐらいに同じ言動を繰り返すこと。例)「今日のビッグショー、ミスらんといてな、店のオーナーも見に来とるしミスらんといてな、俺のクビがかかっとるしミスらんといてな、譜面よー見てミスらんといてな、くどいようやけどミスらんといてな」、「はい、はい、はい、はい」、「その返事の仕方、くどないか」

くりかえしきごう【繰り返し記号】
歳を取るにつれ人間の頭に生じる記号。同じ話を繰り返す=リピート、話の途中から少し前に戻る=ダルセーニョ、話の途中から一番最初に戻る=ダ・カーポ、など。

くるいざき【狂い咲き】
我慢をし過ぎたために老後に狂ったように色欲が出ること。真面目なバンドマンによく見受けられる。

くるひもくるひも【来る日も来る日も】
「楽器でメシを食う」という、果てしも無いバンドマンの日々。