俳句三昧もそろそろ・・・2017年04月10日 11時45分

4月と言うことで春の句を作ろうとするが、一日十句が、一日五句になり、一日一句になり、ついにランダム日ランダム句、になった。そろそろここらが潮時か・・・

▽二度寝して思い出せない春の夢
▼酒のない花見もありき城の土手
▽花疲れ暗き居間にて安夕餉
▼屋根を見る猫の仔がいる妻を呼ぶ
▽ネギ坊主古き畑に二三本
▼老婆二人腰曲げ拝む花祭
▽人の居ぬ草辺に一人遠足児
▼孫の手と風船の手と繋ぎ替え
▽ジャスト五時挙動不審の新社員
▼双眼鏡捜す間に消ゆ春の鳥
▽下の子はおたまじゃくしをこわがらず
▼あれなのか空のゴミほど雲雀笛
▽迷い蝶排ガスの中消えにけり
▼朝一番まず確かめる四月馬鹿
▽ずる休みしたし友居ぬ遠足日
▼車越し中国なじる黄砂かな
▽ほろ酔うて車で寝たき春の夕
▼風待たず駆ける子の手に風車
▽春風を吸って膨らむラッパ吹き
▼茶はどこに新入社員の朝八時
▽ヤドカリを引っ張り出す子潮ぬるむ
▼泣く子抱き火渡りするや母の春
▽干からびたおたまじゃくしの水たまり
▼クイクイと一心不乱しおまねき

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック