人生最後(?)の楽器・・・2017年03月23日 21時50分50秒

前回の続きで、楽器を見に行った。

アメリカ製のトロンボーンと、日本製のトロンボーン、どちらも音もよく、スライドも良好。ただ、こちらの経済状況からすると宇宙の果てにある値段だったので、いさぎよく諦めた。

人生最初に吹いたのは日管、その後「オパール」という謎のメーカー、火事焼けの「オールズ」、キング3Bゴールドプレート、バック16、キング3Bシルバー、フリューガボーン、などなど。

もうそろそろ、人生最後の楽器を手に入れて「これで最後!」と言ってみたいもの。だが、あちこち回って試奏したり、懐具合と相談したり、という、気力、体力、財力にそろそろ限界が。

もちろん、今の楽器でもいいけど、「楽器と畳は新しい方が・・・」という格言もある(?)し、気力、体力があるうちに、なんとかして財力を・・・よし、明日宝くじを買いに行く・・・か。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック