衝動買いにもほどがある・・・2016年11月24日 10時10分10秒

ステージ用の服を探しに行ったけど・・・。

安い金で済まそうと、ステージの服は古着屋で買うことにしている。で、いつもの店に行って、クリスマス的な服はないかいな~、と探したが、なかなか意に沿うものがない。

予定していた白ブレザーはなかったが、代わりに、赤いシャツが目についた。真っ赤っか、というのでなく、なくとなくくすんだ赤なので、これぐらいならいいか、と購入。

カミさんに見せたら、「普段着にするわけでなし、それぐらいの赤なら、少々無理をすれば、60歳後半でも、なんとかなるかも」。さっそく、古着独特の臭いを取るために洗濯。

で、洗濯を終わったカミさんが、「やっぱり古着ね、色がいっぱい出てたいへん」。ふーん、と洗濯が済んだシャツ見ると、垢のくすみが取れて、元の色の、目の覚めるような真っ赤!

ハデな服を試着しても不自然を感じないという「古着屋ハイ」、というものがあるかどうかは知らないが、衝動買いにもほどがある、と反省。もっとも、その反省も540円分だけ、だが。

そこで、本日の教訓、「青は藍より出でて藍よりも青し」から、

『赤は垢が出て、元の赤よりも赤し』

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック