ついにセミの鳴く時節となり・・・2012年07月12日 23時59分59秒

ある日突然、静かだった街角に、地球の異変を知らせるような、けたたましい「ジィィィィィィィィィィィィィィ」という音が響きわたる・・・。

ということで、ついにセミが鳴き始めた。これから2ヶ月近く、この音に起こされ、この音で昼飯を食べ、この音で夕暮れの暑さを過ごすことになる。

子供のころはセミ採りに行ったこともあるが、大人になるにつれ、わずかの季節感と、あーウルサイ、を感じるだけになってしまった。

しかし、考えてみれば、この音がなければ、梅雨明けも、夏の始まりも感じないかもしれない、と思えば、有り難い音でもあるわけで。

ということで、一句。

うるささや 脳にしみいる セミの声